WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年4月号

ヘッドレスCMSで実現するワンソース・マルチユース 増え続けるプラットフォームにどう対応する?

Webサイト、アプリ、動画、サイネージ、スマートウォッチなど、増え続けるデジタル資産とプラットフォーム。それに伴い、対応するためのコストや手間も増え続けています。一つのコンテンツを手間なく、幅広く展開するためのCMS選びを考えます。

CMSを取り巻く2つの流れ

デジタルコンテンツが会社の重要な資産となり、展開できるプラットフォームがPCやスマホのブラウザはもちろん、アプリやサイネージ、スマートウォッチ、AIスピーカーなどブラウザ外にも広がる今。一つのコンテンツを手間なくさまざまなプラットフォームに展開する 「ワンソース・マルチユース」を実現するには、どのようなCMSを選ぶべきなのでしょうか?

国産のヘッドレスCMS  「microCMS」を開発するウォンタ株式会社の松田承一さんと柴田和祈さんは、CMSを取り巻く環境には2つの大きな変化が起きつつあると言います。

「ひとつはクラウド化です。WordPressに代表されるように、これまでのCMSは自分たちでレンタルサーバなどを用意して、インストールする方法が主流でした。しかし、近年のWebサービスと同様にCMSもクラウド型が増えつつあります。クラウド型のメリットは導入スピードの早さや、サービスを提供している側にセキュリティを含めたメンテナンスを一任できることなどがあげられます。もうひとつの流れが『シングルページアプリケーション(SPA)』という、Webページを一つのアプリのように構築する手法。ブラウザの挙動に縛られない自由なUIを構築できたり、ページの表示が早くなるといったメリットがあります。一方で、SPAはAPIでデータを読み込む必要がありますが、従来のCMSの多くはAPIの呼び出しを前提にしたものではないため、ミスマッチが生じてきています」 (松田さん)

例えばPC向けWebサイトとスマホ向けWebサイトをそれぞれ運用している場合、追加や修正のたびに両方で作業が発生しているケースも少なくありません。当然、iOSやAndroidといったアプリや、サイネージなどに利用する場合も同様。展開しているプラットフォームが多くなればなるほど、追加や修正のたびに膨大な作業が発生します。この状態ではとても「ワンソース・マルチユース」とは呼べず、今後、自社のビジネスに最適な新しいプラットフォームが登場しても、展開に躊躇してしまうことも考えられます。そうしたなか、ここ1~2年で海外を中心に注目を集めているのが「ヘッドレスCMS」です。

microCMS01.jpg
松田さんと柴田さんが2017年に立ち上げたウォンタ株式会社。国産ヘッドレスCMS 「microCMS」をはじめ、使いやすいメモアプリ 「グラバー」などを手がけます https://microcms.io/

 

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年4月号

Web Designing 2020年4月号

2020年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

CMSはマーケティング戦力アップの最終兵器だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さまざまなマーケティング戦略の「母艦」にする実践ノウハウ

攻めのCMSマーケティング2020


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

専門知識がなくてもサイトの更新や管理ができるのが特長のCMS。
顧客へ認知やエンゲージを高めるために必須であるWebサイト、
そのコンテンツを有効に活用するための基盤となるCMSは、
今後のWebビジネスの勝敗を左右する大事なポイントなのです。
さらに、今あるサイト運用上のさまざまな課題も、
CMSを理解することで解消されるのです!

Web Designing 2020年4月号では、
積極的にビジネスを展開させるためにCMSを120%活用するノウハウを
現場レベルの課題感に合わせてお伝えします。


【こんな方にオススメ!】
■とりあえずWordPressにしてみたものの、実際の運用に様々な課題が出てきた
■既存のCMSではこの度やりたい新規Webビジネスが思うように実現できそうにない
■運用の使い勝手がいいCMSが知りたい
■予算は少ないが、企業サイトだけに素人が適当に作るのは抵抗がある
■CMS構築及びWebサイト制作、そしてその後の運用まで信頼できるパートナーを見つけたい
■「自社で簡単に作れる」という触れ込みを鵜呑みにした結果、現場が混乱&疲弊している


【内容(予定)】
●[攻めの多角的発信]ワンソースマルチユースを実現せよ!
・情報発信先はWebサイトだけではない!アプリ・IoT・サイネージ etc.
・ワンソースマルチユースが考えやすいCMSは?(機能面&サポート面)


●[攻めの新ビジネス]Webビジネスの潮流にCMSで乗りこなせ!
・サブスクリプション、CX、SNS、動画、EC、AI・・・


●[攻めのマーケティング]CMSをマーケティングにフル活用せよ!
・さまざまなマーケティングツールを連携させる戦術ノウハウ


●[攻めのリニューアル]Webサイトリニューアルで収益を上げろ!
・既存サイトを「攻めのサイト」に変えるには


●[攻めの運用]効率的かつ業務改善に繋がる運営をせよ!
・多部署間連携をスムーズにするコツ

●[攻めのための守り]セキュリティを堅固にせよ!

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています