WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年2月号

“それイイね!”が集まるSNS運用の [マネジメント]術 企業アカウント「中の人」養成講座

企業のSNS運用は、戦略を欠いたままでは担当者の負荷が高まり、投稿ネタの枯渇やトンマナを逸脱してトラブルが生じるリスクも。今回は運用体制のつくり方から省力化のアイデアについて考えていきます。
Illustration:シライカズアキ

SNS_column01.jpg
【SNS担当 仲野ヒトミ】
とある中堅メーカーに勤務する仲野さんは、ある日SNSアカウントの担当に指名されました。企業アカウントの「中の人」としての活動をウォッチしていきます。

企業のSNS運用は長期プロジェクト

企業のSNS運用には目的があり、目的の実現のために行われるすべてのアクションは「プロジェクト」と呼ぶことができます。そして、そのプロジェクトを円滑に遂行するには、マネジメント(管理)の視点が必要です。

ところが、SNSの特性を正しく理解せず、運用の目的も社内で共有されないままスタートしてしまうケースがいまだに多いとSNSコンサルタントの田村憲孝さんは語ります。

「SNSの黎明期は運用ノウハウが少ないこともあって、現場主導あるいは社長自らが勝手に始めることが多くありました。その後、既存メディアを超えるような影響力をSNSが持ち始め、企業の公式アカウントの存在感も増しています。代表格はTwitterで、シャープさん(@SHARP_JP)やタニタさん(@TANITAofficial)ですね。しかし、SNSのメディアとしての重要度がここまで認知された現在、目的が曖昧なままアカウントを開設することはリスクを伴います」

公式アカウントの運用目的が「認知の拡大」なのか「これまでにない顧客コミュニケーション」なのかによっても重視すべき指標は異なり、運用の設計なども変わると言います。

「アカウント開設直後であればフォロー数などを見ていくことも大事ですが、それだけを指標とし続けるわけにはいきません。どのSNSでも言えることですが、認知、検討、コンバージョンという目的に対して打ち手をどうするかという認識が運用担当者に求められます。もし、その理解に乏しい上司であるならば、運用目的を説明して前提を共有しておかないと後で仕事が辛くなってしまいます」

 

社内で味方を増やそう

しかし、プロジェクトの目的がいかに明確で優れた計画であったとしても、それを実行に移すための具体的なオペレーションが計画できていなければ運用はうまくいきません。ビジネスにおける「ヒト・モノ・カネ」の経営資源をどう投入していくかと言い換えてもよいでしょう。

「運用担当者は複数が望ましいです。投稿作業自体は短時間でもSNSの世界は休みなく動いていて、特にTwitterなどではリアルタイムでの反応が好まれるからです」

もちろん、プライベートでもSNSに手慣れた担当者が1人で運用することにもメリットはあります。しかし、その一方で作業負荷の集中や投稿のバリエーションを出すことの難しさ、事前に設定したトンマナが守られているかのチェック&バランスが取りにくいなどのデメリットも無視できません。

「さらに、SNS担当は内勤のスタッフに割り当てられることが多いのですが、広報や営業など顧客に近い職種の人と連携をとるのがおすすめです。店舗やイベント会場で写真を1枚撮って送ってもらうだけでも投稿内容はグッと人間らしいものになります」

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年2月号

Web Designing 2020年2月号

2019年12月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

効果的なコミュニケーションを生む“ベストチーム”のつくりかた

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予定通りに進まないWeb制作の壁を突破せよ!

失敗しない
Webビジネスのプロジェクトマネジメント

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Webビジネス、ひいてはWebサイト制作のプロジェクトにおいて、「当たり前」でありながらも最大の難関と言えるのが、
「予定通りに完遂する」ではないでしょうか。

クライアントと制作サイド、どちらも大勢の人間が関わり、多くのステークホルダーが存在するWebのプロジェクトでは、
全員の共有がうまくいかなかったり、責任の所在が曖昧になったり、立ち上げ当初には思いもよらなかったトラブルが発生したりと
スムーズに進めることが難しくなってきます。

しかし、スピードが勝負のWebビジネスの世界において、プロジェクトの遅れは致命傷になりかねません。
また、万が一プロジェクトがうまくいかないと、利益の損失、機会の損失はもちろん信頼の損失にも繋がります。

そこでWeb Designing2020年2月号では、

「なぜ、プロジェクトはうまく進まないのか」

を掲げ、その原因の中でも特に重要な
「スケジュール」「コミュニケーション」にフォーカスして
機会損失・利益損失・信頼損失の事態にならず成果をあげる「失敗しないプロジェクトマネジメント」のコツを
お届けします。



【こんな方におすすめ】
◎クライアントワークで上流から関わる制作会社のディレクター、デザイナー
・企業のIT推進担当、Web担当者、マーケター


【内容(予定)】
●プロジェクトの流れを把握しよう
●失敗しない「ゴール設定」
●失敗しない「チーム作り」
●失敗しない「状況把握」
●失敗しない「内外調整」
●失敗しない「成果・評価」

●定例会議がグレードアップする「プロジェクトスプリント」
●PM担当者のための理想のPDCAサイクル
●目的が途中でブレないために「なぜ」を追求せよ

●プロジェクトを円滑に進める最強ツール活用術
Backlog/Googleスプレッドシート&Microsoft Excel/Trello/Slack/Chatwork

●Webビジネスのプロジェクトマネージャー育成/採用講座

●動画のプロジェクトマネジメント
●SNSのプロジェクトマネジメント

『Web Designing』2020年2月号の連載記事「知的財産権にまつわるエトセトラ」に誤りがございました。
下記の通り訂正し、読者ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

129ページ右段上から3行目について
(誤)市立芸大
(正)造形芸大

この記事を見た人はこんな記事も見ています