WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年2月号

コミュニケーション不足の本質を見抜く チーム内の会話が生む「心理的安全性」がカギ

プロジェクトの運営において、コミュニケーションに課題を感じている方は多いのではないでしょうか。顧客との付き合い方もまた然り。しかし、コミュニケーション自体に着目してしまうと問題の本質を見誤るかもしれません。新しいコンセプトの働き方や組織づくりに取り組んでいる、株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長の倉貫義人さんにお話を聞きました。

なぜ後で気付くのか…コミュニケーション不足の正体とは?

思ったように運用できない、期待した成果を出せない…そんなプロジェクトの失敗理由としてよく聞かれるのが「コミュニケーション不足」という言葉です。しかし、その言葉がコトの本質をうやむやにしてはいないでしょうか。

実際にコミュニケーションが足りなかったのだとしても、分解して考えれば起きた事象は「メンバーが問題を抱え込んでしまい進捗が悪くなった」「リーダーの考えが周知されずイメージしたものができなかった」などであり、結果として「無駄な工数が発生」したのです。

では、コミュニケーション量を補えばこれを改善できるのでしょうか? コミュニケーションとは非常に曖昧なもので、何をもって足りたとするか判断しにくい面があります。また、人の時間や思考を使うという意味ではコストにもなり得、それによって生産性が落ちては本末転倒です。本質的に目標とすべきはコミュニケーション量ではなく、無駄な工数の回避、さらに言えばプロジェクトの成果であるはずです。

プロジェクトでは通常なんらかの形で情報共有が行われます。しかし、例えば週次の定例会で「進捗率70%です」と報告を聞いて担当者の状況を正確に把握できるでしょうか。来週も70%のままになる懸念はないでしょうか。また、連絡事項の粒度が個人本位であったり、忙しそうなリーダーにメンバーが相談しづらい状況に陥っていないでしょうか。こうしたことをまとめて「コミュニケーション不足」という言葉で曖昧にせず、会議の仕方やコミュニケーションのタイミングを仕組みとしてしっかり用意しておく必要があります。

いわゆる「報・連・相」を徹底すれば良いのでは? と思われるかもしれません。もちろん報・連・相もコミュニケーションの一つです。しかし、このコンセプトが生まれた1980年代と現代とでは、ビジネス環境も求められる成果も大きく変わりました。

では、いま必要とされるコミュニケーションとは何なのでしょうか。もう少し考えてみましょう。

 

「黙って手を動かせ」では成果を生まない現代の仕事

世の中にはマニュアル化やプロセス改善によって生産性が上がる種類の仕事もあります。例えば、大量生産とコスト削減で利益を出してきた製造業などが該当します。しかし、一般的にプロジェクトの形で取り組むのは再現性や効率化が望めないタイプの仕事です。求められるのは、頭を使って毎回そこに無いものをつくること。つまりそれを実現できる創造性が現代の仕事における生産性と言えます。

Googleが行なった「効果的なチームを可能とする条件」を探る研究によると「心理的安全性を高めるとチームのパフォーマンスと創造性が向上する」ことが明らかになりました(※1)。心理的安全性とは「アイデア、疑問、懸念、ミスを率直に言っても、自分が罰せられる事はないだろうと思えるチームメンバー間の信頼」のこと(※2)です。人を非難したり自由な発言を妨げていては、クリエイティブな仕事ができなくなるのは当然です。成果を出すには、そうしないための行動を取れば良いのです(01)。

ソニックガーデンの文化としてこれに該当するのが「ザッソウ(=雑談と相談、および雑な相談)」です。日頃から頻繁に雑談する相手には、お互いをよく知る安心感から小さなことでも相談しやすいものです。そこで、雑談を含めた会話や相談を推奨しているのです(詳細は後述)。

ちなみにソニックガーデンは全員リモート勤務なので、勤務中は自社開発の仮想オフィスツール「Remotty」を使用しています。ここではオンライン会議ができるだけでなく、普段から周囲のつぶやきや他のメンバー同士の話が聞こえるようになっており、普通のオフィスにいるように雑談することができます。

Googleの研究はまた、強いリーダーの存在が必ずしも成果を出すチームに必須の条件ではないことも挙げています。リーダーがメンバーに対して気軽に相談していいし、また相談に対して必ず正解を示す必要はなく、一緒に考える姿勢で良いのです。

※1 https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team-effectiveness/steps/introduction/
※2 Building a Psychologically Safe Workplace : Amy Edmondson

communi_03.jpg
01 心理的安全性とは
自分のミスを認めるなど、対人関係においてリスクのある行動を取っても、誰も自分を馬鹿にしたり罰したりしないと信じられる余地がある状態のこと

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年2月号

Web Designing 2020年2月号

2019年12月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

効果的なコミュニケーションを生む“ベストチーム”のつくりかた

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予定通りに進まないWeb制作の壁を突破せよ!

失敗しない
Webビジネスのプロジェクトマネジメント

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Webビジネス、ひいてはWebサイト制作のプロジェクトにおいて、「当たり前」でありながらも最大の難関と言えるのが、
「予定通りに完遂する」ではないでしょうか。

クライアントと制作サイド、どちらも大勢の人間が関わり、多くのステークホルダーが存在するWebのプロジェクトでは、
全員の共有がうまくいかなかったり、責任の所在が曖昧になったり、立ち上げ当初には思いもよらなかったトラブルが発生したりと
スムーズに進めることが難しくなってきます。

しかし、スピードが勝負のWebビジネスの世界において、プロジェクトの遅れは致命傷になりかねません。
また、万が一プロジェクトがうまくいかないと、利益の損失、機会の損失はもちろん信頼の損失にも繋がります。

そこでWeb Designing2020年2月号では、

「なぜ、プロジェクトはうまく進まないのか」

を掲げ、その原因の中でも特に重要な
「スケジュール」「コミュニケーション」にフォーカスして
機会損失・利益損失・信頼損失の事態にならず成果をあげる「失敗しないプロジェクトマネジメント」のコツを
お届けします。



【こんな方におすすめ】
◎クライアントワークで上流から関わる制作会社のディレクター、デザイナー
・企業のIT推進担当、Web担当者、マーケター


【内容(予定)】
●プロジェクトの流れを把握しよう
●失敗しない「ゴール設定」
●失敗しない「チーム作り」
●失敗しない「状況把握」
●失敗しない「内外調整」
●失敗しない「成果・評価」

●定例会議がグレードアップする「プロジェクトスプリント」
●PM担当者のための理想のPDCAサイクル
●目的が途中でブレないために「なぜ」を追求せよ

●プロジェクトを円滑に進める最強ツール活用術
Backlog/Googleスプレッドシート&Microsoft Excel/Trello/Slack/Chatwork

●Webビジネスのプロジェクトマネージャー育成/採用講座

●動画のプロジェクトマネジメント
●SNSのプロジェクトマネジメント

『Web Designing』2020年2月号の連載記事「知的財産権にまつわるエトセトラ」に誤りがございました。
下記の通り訂正し、読者ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

129ページ右段上から3行目について
(誤)市立芸大
(正)造形芸大

この記事を見た人はこんな記事も見ています