WD Online

知的財産権にまつわるエトセトラ Web Designing 2019年12月号

オーディブル・キャプションは日本法で認められるのか ~青山ではたらく弁護士に聞く「法律」のこと~

身の回りに溢れる写真や映像、さまざまなネット上の記事‥‥そういった情報をSNSを通じて誰もが発信したりできるようになりました。これらを使ったWebサービスが数多く誕生しています。私達はプロジェクトの著作権を守らなくてはいけないだけでなく、他社の著作物を利用する側でもあります。そういった知的財産権に関する知っておくべき知識を取り上げ、毎回わかりやすく解説していくコラムです。

2019年8月、アメリカの大手出版社7社が、アマゾン傘下でオーディオブックサービスを提供しているオーディブルに対して、ニューヨーク地方裁判所に訴訟を提起したとの報道がありました。理由は、オーディブルが提供しているテキスト表示機能「オーディブル・キャプション」が著作権を侵害しているというものでした。

オーディブルは、もともと書籍を音声にしたオーディオブックを提供している企業です。日本でも2015年7月からサービスを開始し、風間杜夫さんの朗読した「ハリー・ポッター」シリーズの配信などでも知られています。オーディブル・キャプションは、オーディオブックの再生中に字幕を表示できる機能で、2019年7月に発表されました。仕組みとしては、人工知能で独自に音声をテキストデータにして表示しているといいます。

訴えた出版社は、オーディブルに対して音声データの提供は許可したが、出版物のテキストデータの表示は許可していないと主張しています。オーディブルは、テキストは音声データから独自に作成したもので、出版物とは違うため許可を得る必要はないと主張しているようです。裁判で問題となるのはアメリカの法律ですが、日本の著作権法ではどうなるのか考えてみたいと思います。

まず、出版物を音声データ化することは出版物の「複製」となります。そして、人工知能を使って音声データをテキストデータにすることは、音声データの「複製」となります。つまり、テキストデータは、出版物を複製したデータをさらに複製したものですから、結局、出版物を複製したことになります。楽譜に従った演奏から楽譜をつくれば、最初の楽譜とほぼ同じものができあがるのと同じことです。ですから、少なくとも日本法では、「独自に作成したため、出版物とは別のもの」というオーディブルの主張が認められる可能性は低いでしょう。

また、日本語の場合、改行の仕方、漢字の旧字体と新字体、漢字とひらがなとカタカナなどの使い分けなど、音声では読み取れない作家独自の言葉の用法もありますが、これらを正確にテキストデータ化することは人工知能でも難しいでしょう。そのため、テキストデータは出版物とは細かな表記に違いが生じてしまいます。それにより、作家の持っている著作者人格権のうち、勝手に作品を改変されないという同一性保持権を侵害してしまう危険性も高いといえます。

アメリカの裁判でどのような判断が示されるかわかりませんが、少なくとも日本でオーディブル・キャプションのようなサービスを提供するためには、出版社または作家の許可を得た上で、音声データからではなく、出版物からテキストデータを表示するのが安全だと思います。

copyrights.jpg
オーディブル・キャプションについて紹介されている動画「Introducing Audible Captions」※執筆時点では公開中 https://youtu.be/TbQgyzKRzJY/
office_LOGO.jpg
Text:桑野雄一郎
1991年早稲田大学法学部卒業、1993年弁護士登録、2018年高樹町法律事務所設立。著書に『出版・マンガビジネスの著作権(第2版)』(一般社団法人著作権情報センター 刊 2018年)など http://www.takagicho.com/

掲載号

Web Designing 2019年12月号

Web Designing 2019年12月号

2019年10月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

デジタル顧客接点でのUXの積み重ねが勝利に導く

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

真の「顧客の顔」がわかれば失敗しない!

Webビジネスの顧客体験(CX)改善テクニック


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最近、Webビジネス界隈では「顧客体験(CX)の重要性」がよく話題に挙がるようになってきました。

「お客様一人ひとりにあった情報やサービスを提供し、顧客満足度をあげる」




この顧客体験は企業の経営層だけの話ではなく、企業の課題を解決するパートナーである制作会社をはじめ、すべてのWebやアプリ制作者、ディレクター、プロデューサーが考えなければいけないものになっています。

とはいえ、顧客体験の提供? 個人単位で接客? どうやってやればいいの? 高価なツールが必要なんでしょ? と考えてしまう企業のWeb担当者もいれば、「ウチはWebサイト制作が生業だから関係ないでしょ」と思う制作サイドの方もいるかもしれません。

いえいえ、今やすべてのビジネスでWebやアプリなど「デジタルの顧客接点」なしでは成り立たない状況の中、その接点が顧客体験向上にはなくてはならない重要な役割になっているのです。

本特集では、顧客体験(CX)が注目される背景から紐解き、実務で実現させるために必要な考え方・進め方をステップバイステップで丁寧に解説します。

本特集を読めば、すべての作業でCXを頭に置いて取り組めるようになるはずです!




【こんな方におすすめ】
◎クライアントワークで上流から関わる制作会社のディレクター、デザイナー
・企業のIT推進担当、Web担当者、マーケター
・「Web」と聞くと何か全く新しい世界だと思ってしまう決裁者、経営層



【内容】
■全てのWeb・アプリ制作者がCXに注目しなければならない理由。
■UXとCXはどう違う?
■自社の顧客体験見直しチェック
■生活者目線で探したい最適なタッチポイント  
■ユーザーインタビュー 8つの鉄則を学べ!顧客への「聞き方」のコツ
■CX向上を実現していくための6つのステップ
■「それイイね!」が集まるSNS運用の顧客体験向上術
■効果を10倍にするWeb動画の顧客体験向上術

この記事を見た人はこんな記事も見ています