WD Online

特集一覧 Web Designing 2019年10月号

少しずつ地域との関わりを深めていった「栃木ゆかりのみ」発起人・永井さん 地域と関わる新しい働き方

8b466febc219b223a9a9c19d0b6991d9.jpg
永井彩華さん
2014年に大学卒業後、Web制作・広告系の企業を複数社経験。2015年には会社員のかたわら、「栃木ゆかりのみ」の活動を開始。2017年8月にフリーランスとして独立し、同年11月には、株式会社kaettaraを創業する。http://kaettara.co.jp Twitter @ayakan327

当たり前に対する違和感から生まれた「栃木ゆかりのみ」

特定の地域と関わりをもつ方法は、多く存在します。例えば、「ゆくゆくは地元に帰りたい」「関わりを保ちたい」と考えている東京在住の地方出身者の場合、東京で集まっている出身者コミュニティに参加してみるのも一つの手です。

2015年より開催されている「栃木ゆかりのみ」も、東京にいる栃木県出身者が気軽に参加し、地元に関する話をするなど、参加者同士の交流を楽しめる場になっています。

「『ハードルの低い形で栃木と関わるきっかけを』と思い、これまで19回開催してきて、延べ500人以上の方が参加してくれました。回を重ねるごとに、活気のある人が増えてきていますね」と話してくれたのは、栃木ゆかりのみの発起人・永井彩華さん。

永井さん自身も、栃木県小山市出身。現在は株式会社kaettaraを創業し、代表を勤めていますが、ゆかりのみの立ち上げ当時は、東京の企業で勤務する会社員でした。

「地元を離れて働いてすぐに、『地方出身者がやりたい仕事のために上京する』という当たり前に対して、違和感を抱きました。私自身、その一人だったのですが、その違和感を解消する使命感に駆られ、最初に情報収集も兼ねて始めてみたのが『栃木ゆかりのみ』です」

 

Web系企業から独立東京と地元を事業でつなぐ

永井さんは、大学在学中から会社員時代まで、オウンドメディアの編集をはじめ、Web制作や広告に関わる仕事を経験してきました。

「学生時代から、Webに関わる仕事をしたいと思っていました。実際、会社員時代には、やりたいことを実現できていたと振り返ります。でも、それだけでは、満たされなかった。その時、家族のそばにいることも大切だと気づきました」

ただ、会社員時代の業務経験は、ゆかりのみの運営にも活きたといいます。

「集客は、基本Facebookページや私の個人SNSでしたが、ある時、渋谷駅ハチ公口の前で『栃木出身者をさがしてます』という看板を持ちながらビラを配りました。その時、看板のデザインや近寄りやすさなど、さまざまな要素を考慮して仮説検証を繰り返した結果、受け取ってもらえる人を増やすことができました。また、その様子をSNSで発信すると、拡散されて、より認知を広げられました。こうしたオンライン・オフライン両面での集客では、会社での業務経験が大いに活きたと思っています」

ゆかりのみで一緒に仕事ができそうな人たちと知り合えたことも後押しになり、2017年には起業。今は、会社と自宅のある東京に軸足を置きつつも、実家のある栃木県と月に約3往復する二拠点生活を送っているとのこと。

「東京の人を地方に巻き込むような活動がしやすいですし、学びの機会や会える人の幅が広がります。また、仕事における関係者との単純接触回数を増やせるほか、東京と栃木をつなぐ立場として独自のポジションを示せるのも二拠点のメリットです」

代表を務める(株)kaettaraでは、栃木県への移住促進など、首都圏と栃木をつなぐことを事業にしているそう。

「私自身は、理想的な形で地元と関われています。今度は事業を通じ、私のようなケースを増やしていきたい。会社員時代もやっていたメディアによる情報発信を軸にして、『帰りたくて仕方のない地元』をつくりたいと考えています」

521017de0dcebec829d892f840c72e35.jpg
「栃木ゆかりのみ」と永井さんのキャリア(1)
「栃木ゆかりのみ」は、毎回趣向を凝らして企画され、栃木県にゆかりを持つ人が参加できる。上の写真は、2018年6月に行われた回の様子。同県出身のオーナーが営み、栃木の日本酒が充実している都内の和酒バーで開催された
de46926ded9b2e45865406a68f745268.jpg
「栃木ゆかりのみ」と永井さんのキャリア(2)
会社員として働きながら企画した「栃木ゆかりのみ」の活動がベースになり、現在は会社を創業。今でも、ゆかりのみは継続して開催しており、栃木県内の自治体と共同で企画することもあるという

掲載号

Web Designing 2019年10月号

Web Designing 2019年10月号

2019年8月17日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

ローカルへの貢献でビジネスも広げよう

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

クリエイターのスキルが活かせる課題&チャンスが日本中にある!
地域活性化成功のポイント

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【複数拠点】【リモートワーク】
場所に縛られない働き方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

高齢化や人口減少など、地方が抱える課題は山ほどあります。
一方で、インバウンドによる地域資源の再発見やITインフラの整備など、
ポジティブに捉えられる話題もあります。
もちろん地方の自治体・民間企業は今、大きな課題に対し真摯に取り組んでいますが、
WebをはじめとするITスキルのプロフェッショナルの力を必要としているのです!

WebやIT業界で活躍する制作会社をはじめとしたプロフェッショナルのみなさんは、
今そこにある地方の課題解決に多少なりとも貢献できるスキルを持っていると言えるでしょう。
また、ネットワーク技術の進化は働く場所の自由度を大きく広げました。
自分の理想とするライフスタイルに合わせて、住む場所をはじめ関わりを持つ地域の選択肢も増えています。
そこで、企業や制作会社の地方も視野に入れた働き方の可能性も追求していきます。


また、ネットワーク技術の進化は働く場所の自由度を大きく広げました。
自分の理想とするライフスタイルに合わせて、住む場所をはじめ関わりを持つ地域の選択肢も増えています。
そこで、企業や制作会社の地方も視野に入れた働き方の可能性も追求していきます。



●地方が抱える課題とは
・制作会社の力が活きる地方のニーズ

●地方におけるWebビジネスのヒント
・制作会社の強みを活かす 考え方と実践
・今行われている地方でのビジネスとは?

●自治体側の受け入れ態勢や協業、助成金

●地方との繋がり方
・「移住」は手段の一つ。「住まなくても繋がる」関係性

●企業で考えるべき「働き方」
・地方志向の社員を活かすための制度導入
・サテライトオフィス、在宅リモートなど事例

【本誌内注目の一文】
■本当の魅力を発見して伝えていくためには、外から来たヨソモノ視点が必要

■まずは参加して、違う環境に関わってみよう

■都市部の高齢化問題の先進事例はローカルにある

■地域外の人材が地域づくりを担い変化を生み出す

■WebやITを生業とする方であれば、自身のスキルを活かす形でも関係人口になれます

■特別な理由がなくても全社員が選べる働き方として、テレワークを活用している




【スペシャル記事】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

より高速に、よりクリエイティブに!
共同制作の質を大きく向上させる新定番ツール

Adobe XDで進化するWeb・アプリの開発プロセス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を見た人はこんな記事も見ています