WD Online

特集一覧 Web Designing 2019年10月号

「プロボノ」で課題解決に協力 地域を知り、人とのつながりをつくる どうしたら地域に受け入れられる? その3

地方へ移住したい、別の地域とビジネスをしたいと考えたとき、最初にハードルとなるのはこれまで縁のなかった場所とのつながりをつくることです。いきなり移住やビジネスを考える前に、別の形で地域と関係を持ってみるのもひとつの方法かもしれません。そのひとつとして、目的を絞りながら自分のスキルで異なる領域に携わることができる「プロボノ」について、認定NPO法人サービスグラントの代表理事である嵯峨生馬さんにお話をうかがいました。

【サービスグラントに聞く】サービスグラントとは、ビジネススキルや専門知識を活かして、社会的課題解決に取り組む非営利組織(NPO・地域活動団体等)の基盤強化を支援する「プロジェクト型助成」です。「サービスグラント」は、お金ではなく、スキルや専門性によって非営利セクターを支援することを意味します。
https://www.servicegrant.or.jp/

プロボノでの経験は新しい領域への挑戦

違う環境に関わるプロボノで「越境」をはじめてみる

「プロボノ」とは、社会人が職業上の知識やスキルを活かして行うボランティア活動のことを言います。サービスグラントは、社会的課題の解決に取り組むNPOなどの組織基盤強化をサポートする、いわば「NPOを支援するNPO」として活動しており、その手段となっているのがプロボノです。

「サービスグラントでは各団体の活動全般を手伝うのではなく、情報発信や業務改善など、必要ではありながら自力でまかなうのが難しい、専門的なプログラムを提供しています。1件ごとに明確で具体的な目標を立て、それを実現するプロジェクトとしてプロボノワーカーの方々を組織化し、応援する仕組みを用意しています」

優れた活動をしている団体でも、十分な情報発信ができていないと支援や協力者を集められません。サービスグラントはそうした団体のWebサイト制作を手伝うところから活動を開始し、現在は業務フローの構築やマニュアルの作成、事業計画立案と、支援の幅を広げています。

サービスグラントの活動は主に拠点を持つ東京・大阪エリアが中心ですが、「ふるさとプロボノ」として、地方で活動するNPOや自治体のプロジェクトに取り組むこともあります。個人がいきなり移住したり、遠い地域の人と仕事をしたりするのはハードルが高く、難しい部分もあるでしょう。しかしプロボノなら、スキルを活かしながら日頃の仕事とはまったく違う領域の人たちとの関係づくりができます。

「ライフシフトやパラレルキャリアと言われるように、現在の生活と並行して異なる環境の感性を少しずつ養ってから、本格的に移る方法もあるでしょう。我々は移住のサポートは行っていませんが、プロボノもそうした越境のひとつの選択肢になると思います」

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2019年10月号

Web Designing 2019年10月号

2019年8月17日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

ローカルへの貢献でビジネスも広げよう

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

クリエイターのスキルが活かせる課題&チャンスが日本中にある!
地域活性化成功のポイント

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【複数拠点】【リモートワーク】
場所に縛られない働き方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

高齢化や人口減少など、地方が抱える課題は山ほどあります。
一方で、インバウンドによる地域資源の再発見やITインフラの整備など、
ポジティブに捉えられる話題もあります。
もちろん地方の自治体・民間企業は今、大きな課題に対し真摯に取り組んでいますが、
WebをはじめとするITスキルのプロフェッショナルの力を必要としているのです!

WebやIT業界で活躍する制作会社をはじめとしたプロフェッショナルのみなさんは、
今そこにある地方の課題解決に多少なりとも貢献できるスキルを持っていると言えるでしょう。
また、ネットワーク技術の進化は働く場所の自由度を大きく広げました。
自分の理想とするライフスタイルに合わせて、住む場所をはじめ関わりを持つ地域の選択肢も増えています。
そこで、企業や制作会社の地方も視野に入れた働き方の可能性も追求していきます。


また、ネットワーク技術の進化は働く場所の自由度を大きく広げました。
自分の理想とするライフスタイルに合わせて、住む場所をはじめ関わりを持つ地域の選択肢も増えています。
そこで、企業や制作会社の地方も視野に入れた働き方の可能性も追求していきます。



●地方が抱える課題とは
・制作会社の力が活きる地方のニーズ

●地方におけるWebビジネスのヒント
・制作会社の強みを活かす 考え方と実践
・今行われている地方でのビジネスとは?

●自治体側の受け入れ態勢や協業、助成金

●地方との繋がり方
・「移住」は手段の一つ。「住まなくても繋がる」関係性

●企業で考えるべき「働き方」
・地方志向の社員を活かすための制度導入
・サテライトオフィス、在宅リモートなど事例

【本誌内注目の一文】
■本当の魅力を発見して伝えていくためには、外から来たヨソモノ視点が必要

■まずは参加して、違う環境に関わってみよう

■都市部の高齢化問題の先進事例はローカルにある

■地域外の人材が地域づくりを担い変化を生み出す

■WebやITを生業とする方であれば、自身のスキルを活かす形でも関係人口になれます

■特別な理由がなくても全社員が選べる働き方として、テレワークを活用している




【スペシャル記事】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

より高速に、よりクリエイティブに!
共同制作の質を大きく向上させる新定番ツール

Adobe XDで進化するWeb・アプリの開発プロセス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を見た人はこんな記事も見ています