WD Online

One's View コラム Web Designing 2019年10月号

【コラム】“聖地”を活かすWebプロモーション 今号のお題「地方」

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

「地方」というテーマで何を書こうか迷ったのですが、「コンビニ×Webプロモーション×地域活性化」の事例にします。かくいう私は、愛知県豊橋市で高校まで過ごし、大学は東京、ローソンに新卒入社して最初に配属されたのは、大阪府松原市の店舗です。そこで約3年間、店長やスーパーバイザーのアシスタントをしました。環境の変化が辛く感じることもありましたが、今思えば地方の様子を肌で知ることができ、いい経験をしてきたなと考えています。そんな経験も活かしながら、地方も絡めたWebプロモーション企画をいくつか実現しているので、2つ紹介します。

1. エヴァンゲリオン×神奈川県箱根町

2010年、アニメ『エヴァンゲリオン』の聖地として知られている神奈川県箱根町仙石原で、専用アプリをかざすとエヴァ初号機が等身大で現れるというAR技術を使った企画を実施しました。同時に、現地の店舗で限定商品を販売したのですが、想定を超える数のお客様が来店され、開始から2日で中止することに。地方とARを掛け合わせたキャンペーンとしては先がけだったので残念な結果ですが、住民の方にご迷惑をおかけしてしまったので、やむを得ない判断でした。

2. サマーウォーズ×長野県上田市

2019年9月1日まで実施している「サマーウォーズand Lチキ スマホスタンプラリー」は、ローソン公式アプリで各店舗来店時にもらえるスタンプを集めると、プレゼントに応募できる企画。スタンプには、映画『サマーウォーズ』に登場する陣内家30人それぞれのキャラクターが描かれており、店舗によって異なるスタンプがもらえます。ビーコンとGPSにより店舗を特定してスタンプが押される仕様で、2018年、全国のほとんどの店舗にビーコンを導入していたので実現できました。

サマーウォーズは、「ここ10年で最も多く見ている作品ではないか」というほど大好きです。仮想空間「OZ」の世界観も好きなのですが、陣内家の家族みんなで強大な敵と戦うというストーリーに強く共感してます。地方出身で、正月やお盆に親戚が大集合していたことも重なるのかもしれません(やっていた遊びは花札ではなく百人一首でしたが…)。

家族を集結させていくスタンプラリーにより、作品の世界観を感じてほしいというのが本企画の意図。そのため、作品の舞台・長野県上田市にある「ローソン上田駅前店」は、サマーウォーズとのコラボ仕様にしました。店内にOZをイメージした装飾を施したほか、入店音を「ようこそ、OZの世界へ」と変更するなど、ファンの方が楽しめる工夫を凝らしています。

このように、近所でも楽しんでもらえる全国的なキャンペーンに加えて、聖地になっている地域にコラボ店舗をつくることで、作品のファンに対し、地方に足を運んでもらえるきっかけを提供しています。

OnesView1_02.jpg OnesView1_03.jpg OnesView1_01.jpg
映画『サマーウォーズ』公開10周年を記念し、スタンプラリー(写真上・中)と長野県上田市のコラボ店舗(写真下)によるキャンペーン企画を実施中。作品の世界観が伝わると嬉しいです https://www.lawson.co.jp/lab/entertainment/art/1375811_5839.html

 

4a9ab0291c7f3a84c72ebf34732e912a.jpg
ナビゲーター:白井明子
(株)ローソン マーケティング本部 シニアマネジャー  デジタルドリブンな取組の推進を担当。「Web人大賞」、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー準大賞」受賞。ACC新事業検討委員会委員、法政大学イノベーションマネジメント研究センター客員研究員。http://www.lawson.co.jp/

掲載号

Web Designing 2019年10月号

Web Designing 2019年10月号

2019年8月17日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

ローカルへの貢献でビジネスも広げよう

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

クリエイターのスキルが活かせる課題&チャンスが日本中にある!
地域活性化成功のポイント

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【複数拠点】【リモートワーク】
場所に縛られない働き方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

高齢化や人口減少など、地方が抱える課題は山ほどあります。
一方で、インバウンドによる地域資源の再発見やITインフラの整備など、
ポジティブに捉えられる話題もあります。
もちろん地方の自治体・民間企業は今、大きな課題に対し真摯に取り組んでいますが、
WebをはじめとするITスキルのプロフェッショナルの力を必要としているのです!

WebやIT業界で活躍する制作会社をはじめとしたプロフェッショナルのみなさんは、
今そこにある地方の課題解決に多少なりとも貢献できるスキルを持っていると言えるでしょう。
また、ネットワーク技術の進化は働く場所の自由度を大きく広げました。
自分の理想とするライフスタイルに合わせて、住む場所をはじめ関わりを持つ地域の選択肢も増えています。
そこで、企業や制作会社の地方も視野に入れた働き方の可能性も追求していきます。


また、ネットワーク技術の進化は働く場所の自由度を大きく広げました。
自分の理想とするライフスタイルに合わせて、住む場所をはじめ関わりを持つ地域の選択肢も増えています。
そこで、企業や制作会社の地方も視野に入れた働き方の可能性も追求していきます。



●地方が抱える課題とは
・制作会社の力が活きる地方のニーズ

●地方におけるWebビジネスのヒント
・制作会社の強みを活かす 考え方と実践
・今行われている地方でのビジネスとは?

●自治体側の受け入れ態勢や協業、助成金

●地方との繋がり方
・「移住」は手段の一つ。「住まなくても繋がる」関係性

●企業で考えるべき「働き方」
・地方志向の社員を活かすための制度導入
・サテライトオフィス、在宅リモートなど事例

【本誌内注目の一文】
■本当の魅力を発見して伝えていくためには、外から来たヨソモノ視点が必要

■まずは参加して、違う環境に関わってみよう

■都市部の高齢化問題の先進事例はローカルにある

■地域外の人材が地域づくりを担い変化を生み出す

■WebやITを生業とする方であれば、自身のスキルを活かす形でも関係人口になれます

■特別な理由がなくても全社員が選べる働き方として、テレワークを活用している




【スペシャル記事】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

より高速に、よりクリエイティブに!
共同制作の質を大きく向上させる新定番ツール

Adobe XDで進化するWeb・アプリの開発プロセス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を見た人はこんな記事も見ています