WD Online

特集一覧 Web Designing 2019年6月号

読み手目線で伝える企画書づくり 誰のためにどんな順序で伝えるのか

企画書は、一生懸命練った企画をクライアントなどに伝える手段の一つです。そのため、どんな相手にどんな場で伝えるのかを踏まえ、情報を読み手目線に設計し直すようにしましょう。

企画書の目的を考える

まずは前提として、企画書はあくまでも情報を伝えるためのツールなので、企画内容が優れていることが基本です。企画はよくないけれど、企画書でよさそうに見せる、という目的でつくるものではありません。それを踏まえた上で、企画内容をいかに効果的に相手に伝えるかを目的として考えていきます。企画自体はよいのに、企画書がよくないばかりに、わかりやすくその魅力を伝えられないということは起こり得るからです。

よくあるのが、自身の頭の整理が主旨となっている企画書です。企画立案時にまとめるものであればそれでよいですが、クライアントなど伝える相手がいる場合は、相手の頭の中のプロセスに置き換えて、情報や構成を組み替えていかなければなりません。「読み手の知りたいこと」「読み手が納得すること」「読み手の興味のあること」をわかりやすく伝えるということを意識していきましょう。

また、見やすくきれいなデザインにするのはよいですが、あまりそこに過度な労力をかけても、企画を伝えるという目的においては大きな違いはないように思います。わかりやすく伝えるためには、まずは企画内容と伝えるべきポイントをしっかり見極め、適切に伝える言葉遣い、見やすいデザインという優先順位で考えていくのがよいでしょう。

 

 

読む人の属性、立場、状況を考慮する

企画書をつくり始める前に、まずはどんな人が読むかを考えます。例えば企業の経営陣や役員ばかりであれば年配の方が多いかもしれません。その場合は、老眼の方にも配慮して文字サイズを少し大きめにしたほうがいいでしょう。逆に若い方ばかりのときは、古い言葉や言い回し、年齢的に知らないかもしれない出来事などが出てくる際には配慮しましょう。

また、企画書を読む方の知識やリテラシーにあわせるのも大切です。専門用語など、わからないかもしれない言葉がなるべく出てこないように、出てくる場合は解説も入れるようにします(02)。

その他にも、企画書を読む相手は、理論で動くタイプか、感情で動くタイプか。斬新な発想を求めているのか、それとも保守的なものを求めているタイプなのか(これは企画そのものにも関わる話になってしまいますが)。企画書を作成する側と読む側で意見は一致しているのか、していないのか。そして、相手はどんな場所・状況で、何人くらいで、どのくらいの時間をかけて企画書を見るのか。そういったさまざまな要素を考慮して、企画書を読み手目線にチューニングしていきます。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2019年6月号

Web Designing 2019年6月号

2019年4月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

企画を仕事につなげる必勝ノウハウを身に付けろ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Webビジネスで[お金を生み出す]企画力!

3つのプロセスそれぞれで
【勝てるメソッド】を身につけよう!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「自信に満ちた企画であってもなぜだか通らなかった」「用意周到に進めたつもりでもコンセンサスが得られなかった」。企画に関しては、そういった類のことが社内外を問わずに起こりうるものです。考えが浅いのか、企画が甘いのか、それともコミュニケーションが足りないのか。いろいろと頭の中で考えを巡らせてみるもののその答えはよくわからないまま、なんてことも多いと思います。
とは言っても、「誰も思いつかないエッジのたった企画を!」「すごい発想力が必要!」と意気込む必要はありません。

企画(力)は、①発見(インプット) ②立案 ③提案(アウトプット)の3段階でそれぞれの手順を踏めば見違えるほどレベルアップするのです。

本特集では、大きく3つの段階で考えるべきこと、やるべきことをステップ化し、Webビジネスの現場で「仕事につながる=お金になる」企画力の鍛え方を、順を追ってチェックできるように構成しました。
スピード感がもっとも重要な特徴の1つであるWebビジネスで「より速く」「より確度高く」「より効果の出る」企画を実現させるノウハウを凝縮しています。

【イントロダクション】
なぜ、あいつの企画書は通るのか?
クライアントの心を鷲掴みにする、勝つための「企画術」


【インプット】
●クライアントは頼りたくなる本当の「インプット」とは?
●課題明確化のためのヒアリング術
●意見を引き出すためのブレストノウハウ術


【企画立案】
●やるべきことを見誤らないために、正しく課題を洗い出す
●速く繰り返すアジャイル開発で答えを探ろう
●クライアントの反応からわかる企画提案の落とし穴
●デザイナーが主導する、企画のあり方


【アウトプット】
●読み手目線で伝える企画書づくり
●「聞かせる」「見られる」を意識したプレゼン術
●佐藤ねじ式・「企画」の流儀


●戦国武将から学ぶ、ビジネスに活きる“11”の企画
●チームで企画を生み出すためのTips「12」

など


※記事内容は変更になる場合があります。


【こんな方にオススメ!】
■競合他社に先んじて有力な企画を打ち出していきたい企業担当者、プランナー
■Webのスピード感に乗って数々の課題解決を提案する制作会社ディレクター、アカウント、クリエイター
■上司やクライアントに「費用対効果に見合う」と判断(納得)させ予算を引き出すノウハウを知りたい
■面白い企画なのにうまく実現できない、企画はバッチリのはずだけど承認されない・・・
■企画を提案しても、クライアントに即決してもらえない&値引きなどの注文をつけられてしまう

この記事を見た人はこんな記事も見ています