WD Online

特集一覧 Web Designing 2019年4月号

CMSで実現したリード獲得と新たな営業フロー コンテンツマーケティングをより効果的に

CMS導入・刷新の理由として、コンテンツマーケティングを挙げる企業も多いのではないでしょうか。CMSを使うことで、どのようなことが可能になるのか? どのような課題が生まれるのか? 共同印刷が運営するメディアから考えます。

WD195P104P107_CaseStudy02.jpg
神 香澄
共同印刷株式会社 プロモーションメディア事業部 営業推進部営業推進グループ マーケティングチーム リーダー
「Hint Clip」 共同印刷

CMSの刷新でコンテンツマーケティングを強化

出版からパッケージの印刷、ICカードや包装材料まで多種多様な製品、ソリューションを手がけ、幅広い客層を持つ共同印刷株式会社。同社のプロモーションメディア事業部が2015年10月にスタートさせたのが、販売促進担当者に向けて発信するオウンドメディア「Hint Clip」だ。ローンチ以来、ユーザーを着実に増やし、オープンから約2年後、2017年7月にリニューアルを実施。CMSの刷新とデザインの大幅なリニューアルを行った。

「弊社は2017年6月に創業120周年を迎えました。そのタイミングでオウンドメディアとしての発信力を高めたいという理由から、リニューアルを実施しました。以前は別のCMSを使って構築していましたが、機能を追加しようとするとプラグインとの相性で問題があったことや、よりコンテンツマーケティングを重視したメディアに育てたいという思いもあり、CMSの変更を決めました」

こう話すのは同社のプロモーションメディア事業部 マーケティングチームのリーダーを務める神 香澄さん。CMSの刷新にあたって重視したのはオウンドメディアとして発信力を高めていくことに向いていること。そして検討の結果、コンテンツマーケティングに強いイノーバが提供するCMS「Cloud CMO」を導入。

現在は共同印刷が提供する幅広いソリューションを、販売促進担当者に向けて週に2回、発信している。

「オウンドメディアということもあって、日常的に一番使っているのは、ブログ機能です。CMSでは日常的に扱う機能が使いやすいことがまずは重要だと思います。発信するコンテンツに関しては、スタート直後からイノーバさんにノウハウを教えてもらいながら進めたこともあり、ずいぶんコツを掴めてきたと思います」

 

初心者でもスムーズにWeb更新と情報発信が可能

Hint Clipでは、同社のソリューションに関連した資料のダウンロードをコンバージョンとして設定。情報発信のほか、リニューアル後から開始したメールマガジンへの誘導なども実施している。

「ブログ機能のほかによく使うのは、資料ダウンロードのためのファイル管理や、人気コンテンツのチェック、メールマガジンの作成などです。Hint Clipではメールマガジンも配信していて、その登録への誘導にも力を入れています。メール配信やWeb上で取得した顧客情報の管理などはSFA・MAツールとして『Salesforce』、アクセス状況の細かな分析は『Google Analytics』とツールを使い分けています」

今でこそCMSを使った情報発信に慣れてきたという神さんだが、以前は同社で営業を担当。CMSをさわったことがなく、当初は不安だったと振り返る。

「ITはあまり得意ではないので不安がありましたが、操作に関してはすぐに慣れることができました。ブログ機能などを使うのは私1人ですが、ファイルのアップロードなどはほかのスタッフも戸惑うことなく使えています」

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2019年4月号

Web Designing 2019年4月号

2019年2月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

CMSの見直しで、Web品質と業務・組織を改善せよ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Webビジネスの成否に直結する!

CMS 2.0
新時代の常識

顧客との接点やエンゲージメントを高めるために必須のWebサイト。
その基盤となるCMSを、予算や自社都合だけで選んでいませんか?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今や企業サイトの6割以上がCMS(コンテンツ管理システム)を導入していると言われています。
専門知識がなくてもサイトの更新や管理ができるのが特長のCMSですが、
これをただの「サイト運用ツール」だと思っているなら、
それは大きな機会損失を招いている可能性があります。

顧客へ認知やエンゲージを高めるために必須であるWebサイト、
そのコンテンツを有効に活用するための基盤となるCMSは、
今後のWebビジネスの勝敗を左右する大事なポイントなのです。
さらに、今あるサイト運用上のさまざまな課題も、
CMSを理解することで解消されるのです!


また、現在CMSと呼ばれるものは3,000以上存在しています。
中には業界や用途に特化したものもさまざまです。
そんなCMS、予算や担当部署の都合だけで簡単に選んでいませんか?

では、CMSをビジネスの基盤とし、武器として120%活用するためにはどんなことを考え、
どんな準備や選考基準が必要でしょうか。
そして、限られたリソースや少ないコストで成果を出すにはどうすればいいのでしょうか。



Web Designing 4月号(2月18日発売)では、
新規Webビジネスを立ち上げる際、どんなCMSを選べばいいか、今やりたいことを実現させるために
CMSを乗り換えるならどうすればいいか、既存のCMSをもっと活かすにはどうすればいいかなど、
もはやWebビジネスに欠かすことができないCMSの
これからの活かし方や課題の解決方法をさまざまなシチュエーションに立って解説します。


【対象読者&課題】
■とりあえず無料のCMSにしてみたものの、実際の運用にさまざまな課題が出てきた
■現在自社に導入されているCMSでは、やりたい新規Webビジネスが思うように実現できそうにない
■運用の使い勝手がいいCMSが知りたい
■予算は少ないが、企業サイトだけに素人が適当に作るのは抵抗がある
■CMS構築及びWebサイト制作、そしてその後の運用まで信頼できるパートナーを見つけたい
■「自社で簡単に作れる」という触れ込みを鵜呑みにした結果、現場が混乱&疲弊している


【予定内容】
●CMSこそがWebビジネスの勝敗を左右する

●CHAPTER1 CMSを“知る”
  01_CMSの定義や仕組みを知る
機能の違いやトレンド
02_WordPressが選ばれる理由と利用時の注意点
機能性、開発力で課題を解決
03_CMS導入がもたらすビジネスメリット
投稿の質と働き方を向上

●CHAPTER2 CMSを“選ぶ”
   01_ビジネス最適化につながるCMS選びのための準備
決め手は、選ぶ前の準備作業
02_具体例で学ぶCMSの選び方
「運用」や「保守」を意識した選択

【 CMSとセキュリティ 】 Web制作のプロが教える~CMSとセキュリティ“9つ”の金言
【 編集部が厳選! 】企業サイト・メディアで安心して使える商用CMS 17選!
【 Column 】 管理画面を変えたUXデザイン
【 Column 】 Webサイトのセキュリティのために~知っておきたいハッカーのこと

●CHAPTER3 CMSを“運用/活用する”
01_中長期的に考えるCMSの運用と体制づくり 
持ち腐れにしない、積極的な活用を!
02_これからの新常識は「CMSマーケティング」だ! 
まだWebサイトの更新にしか使ってないの?

【 CaseStudy 】 CMSで実現したリード獲得と新たな営業フロー/「Hint Clip」 共同印刷

ほか

この記事を見た人はこんな記事も見ています