WD Online

特集一覧 Web Designing 2019年2月号

デザインの力は企業に何をもたらすのか クリエイティブ強化のための組織づくり

インターネットテレビ局「AbemaTV」や音楽配信サービス「AWA」などさまざまなサービスを展開するサイバーエージェント。同社では、クリエイティブ強化のため2016年にデザイナーの佐藤洋介さんを執行役員に抜擢しました。この人事は、同社にどのように変化をもたらしたのでしょうか。

ミッションは「クリエイティブクオリティの向上」

(株)サイバーエージェントでは、近年より一層クリエイティブを重視しており、2015年にはデザイナーのNIGO氏を総合クリエイティブディレクターに迎えコーポレートロゴなどを刷新。2016年には「クリエイティブで勝負する。」という一文をミッションステートメントに追加し、デザイナーの佐藤洋介さんを執行役員に任命しています。佐藤さんはこう振り返ります。

「2012年に中途入社したとき、各サービスの事業部ごとにデザイナーが所属していて、まったく横の繋がりがない状態でした。そのため、サービスごとにクリエイティブのクオリティの差が大きかったんです。それで2013年頃から、僕が小さく仕組みづくりを始めました。たとえば、アートディレクターを8人くらい決めて、それぞれ5サービスくらいのデザインを見るようにしたりと。その頃から、社長の藤田(晋)に『現場のクリエイティブのクオリティを向上させてくれ』というミッションをもらっていました。今もそれは変わっていません」

クリエイティブのクオリティが上がることは、会社にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。

「他社のサービスを見ても、クリエイティブを競争力にしているものが市場に増えています。また、各サービスの人気というのは、サービス自体の内容によるところが大きいのですが、使い心地が良かったり遅延によるストレスが少なかったりという地味なクオリティの積み重ねもユーザーのどこかに刺さっているのかなと思います」

経営層や他部署とのコミュニケーション

デザインが大事だということはわかっていても、経営層や上司、あるいは他の部署が理解してくれないというのはよく聞く話です。それを佐藤さんはどうクリアしていったのでしょうか。

「お互い違う立場なので、うまく理解してもらうための伝え方は必要です。たとえば2013年頃に流行り始めたフラットデザインの重要性を藤田に伝えた際には、既存サービスをフラットデザイン化して見せ、デバイスが増えたときに工数が3分の1になるという話も伝えました。相手に結果とメリットを先に伝えるというのは重要かなと思います」

そして、もう一つ大切な点を指摘します。

「各事業部ごとに紐づいたデザイナーを横につなげて束ねようとしたときも、最初は事業部長などから反発がありました。デザイナーの成長のためにこの仕事を任せたいと思っても、その事業部のリソースを奪われるという捉え方をされてしまって。でも、その分、僕や他のデザイナーが手伝うようにして、迷惑をかけず、むしろ新たなリソースが入るメリットがあるようにしたことで、徐々に理解を得ました。WIN-WINの関係をしっかりと築いていけば、対話でどうにかなるんですよ。コミュニケーションを諦めないことが大事ですね」

クリエイティブを向上させた成果

2016年にCIリブランディング、AbemaTV、AWAの3つがグッドデザイン賞を受賞。また、2016年にAbemaTVが、2017年にAWAがそれぞれGoogle Playのベストアプリを受賞するなど、実際に対外的な評価も得ていきました。

「デザイナーだけでなく、ビジネス職やエンジニアも含め、これくらいのクオリティが最低条件だよねという社内の美意識が上がりました。また、提案書類一つにしても、本当にこれでいいのかともう一度考えるように意識が上がってきました。そうやって、社員の価値観を変えられたのは一番大きな成果かもしれません」

その結果、採用でも、クリエイティブに惹かれ意欲のあるデザイナーが多く集まるようになってきたと言います。

 

デザイナーの意欲を高め力を発揮するための7つの取り組み

佐藤さんは、社内のクリエイティブ力を強化するため、デザイナーの意欲や実力を高めるためのさまざまな取り組みをしてきました。そのうち主な7つについて、その内容と狙い、効果をご紹介します。

 

Policy 1:デザイナーの意識を一歩先へ

最近は世にあるクリエイティブのクオリティが上がってきているので、ユーザーの目はとても肥えています。佐藤さんは、「ユーザーに対して、どう驚きをつくるのかというのが僕らデザイナーのミッション」と言います。それを実現するために、社内のクリエイターに「それ、ふつうになってない?」から始まるミッションステートメントを共有しています。

オーソドックスなデザインはユーザーが慣れていることもあり使いやすさという面では良いものの、印象に残りにくいという面もあります。一歩先をいく新しさを提示することは、サービスのエッヂになったり、ユーザーにとって替えの効かない体験になったり、あるいは情報過多な現在において目に留めて選択してもらうきっかけになり得ます。そのためにも同社では、デザイナーは常に新しい提案をすべきだという意識を浸透させています。こうした意識が、デザイン学習意欲にも繋がっています。

45825287544561e52285a6aa1ea6ca4f.jpg
 

 

Policy 2:課題解決力を競い、サービスと人が共に成長する

「デザイナーロワイヤル」とは、既存の自社サービスの現状の課題を担当プロデューサーにヒアリングし、それを解決する施策を複数のデザイナーが考え、バトル形式で競う、サイバーエージェント独自の会議です。参加者は、「自分だったらこうデザインする」とか、「ここのリストが使いにくいからこういうモジュールに変えてみる」といった案をみんなの前で発表し、佐藤さんが点数をつけて、もっとも高得点だった人が優勝となります。

佐藤さんは、デザイナーは自分と他のデザイナーのアウトプットを横で比較して伸びるものだと言います。特に自分のアイデアを人に見せる経験がまだ少ない新入社員には、アウトプットを人に見せることに慣れるための場としても有効です。また、切磋琢磨して勝ち、スポットライトが当たることで自信にも繋がり、デザイナーにとって大事なモチベーションになります。

1fef5bc9e63c1b744be491c33589da02.jpg
 

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2019年2月号

Web Designing 2019年2月号

2018年12月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

Web制作会社の動向でわかる!IT業界の2019年

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アンケートとインタビューで浮き彫りにする
Web制作業界の今とこれから

Web制作のリアル 2019

●この5年、Webの役割はどう変わった?
●どんな業務が増え、どんな仕事が減った?
●Web制作以外で広げたい業務は?
●会社として求める人材像は?
●強化したい知識やスキルは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

デジタル全盛の今、加速度的にWeb制作の現場も変化しています。
ほんの5年前と比べてもスマホの普及やインフラの進化、さらにはAIなど技術的潮流の変化もさることながら、
それらに伴う消費者の行動変化は今までないスピードになっています。

そんな中、デジタルを駆使した課題解決のプロであるWeb制作会社/Web制作者は、
「サイト制作」だけを請け負う存在ではなくなりました。
ブランディングやプロジェクトの上流から参加するコンサルティング、アプリやビジネスツールの開発、
IoT、AI、はたまた採用やコーポレートアイデンティティの構築まで、その仕事の領域は大きく広がっています。

なぜそんなことが起きているのでしょうか。
Web制作という仕事にはそういった新しい領域の課題を解決し、次世代の要望を実現するスキルとノウハウがあるからです。
デジタルを中心とした現代のビジネスは、そんな「パートナー」を求めているのです。

では、そんなWeb制作会社やWeb制作者は何に力を入れ、これからどこへ向かおうとしているのでしょうか。
本特集では、独自アンケートとインタビューによる調査を実施し、Web制作会社の現在の経営戦略や現場の生の声を徹底収集。
過去5年間からの現場の変化を鑑みながら、Webを中心としたデジタル時代の今と近未来を考えてみようと思います。




■[第1部]Web制作白書2019・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Web制作という仕事が登場して20年強。この仕事の形は大きく変化を遂げてきました。
かつてデザインを中心としたその仕事は、今や単なる制作に留まらぬ、実に幅の広い仕事になっています。
Web制作に携わる人達が何を考え、どう働き、どこを目指しているのか。
その点をさまざまな角度から尋ね、その結果をグラフとコメントで構成しました。

Web制作とは今、どんな仕事なのか。そしてこれからどう変化していこうとしているのか。
その結果からは驚きの今と未来が見えてきます。



■[第2部]時代がWebクリエイターを求め始めている! Web制作の今とこれから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・「デザイン経営宣言」をWeb制作者観点から読み解く

[Chapter1]Web制作とクリエイティブの今・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・Web業界の変化と活路
 主に仕事の内容について、打ち上げ花火的なプロモーションの激減、クリエイティブという言葉が引き連れる意味の変遷など、
 Web制作が表現からクライアントの課題解決へと向かっている根拠を探ります。

・Web制作12社が考える「いま現場で必要とされる能力とは?」
 現場では、デザイナーであればデザインを、プログラマーであればコーディングを、という枠組みだけでなく、両者の知識やコミュニケーション能力など、職能が
 広がっている状況を把握します。

・デザインの力は企業になにをもたらすのか?_サイバーエジェント執行役員 佐藤洋介
 いまのWeb制作としての職能をどう育てるのかについて、対個人的、組織論的なアプローチで育成についてのヒントを解説します。
 同様に、個人がどのようにその能力を身につけることができるのか、日常の生活、毎日の仕事のなかでいかにアンテナを張り、知見をためていけるのでしょうか。

・Web制作会社進化論~広がる業務領域~


[Chapter2]制作会社が知っておきたい今ドキのクライアント事情・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
予算策定までのプロセス、要件定義の考え方、社内事情。制作会社に発注したい企業にも、「やりたくてもできない」理由があります。
現在の企業がWebビジネスを行う際、どのような課題や障壁があるのでしょうか。

・クライアントとの適切な関係をつくる「予算や見積もりの考え方」
・濃密で長期の関係を築く方法


など

この記事を見た人はこんな記事も見ています