WD Online

プロモーションの舞台裏 Web Designing 2019年2月号

これがクリエイターありきの「働き方改革」だ!

dot by dot inc.の「所属クリエイター制度」は、正社員でも業務委託でもないユニークな制度。デジタルクリエイティブ環境での新たな働き方として着目し取材を進めると、一般的なマネジメント契約とも一線を画していた。いったい、彼らの目指す働き方とは何だろう?

d9cf46775d44772af4ac41ad01e6cfd7.jpg
dot by dot
□企画/開発:(株)ドットバイドット

 

クリエイター本位の制度を目指して

dot by dot inc.(以下dot)が導入する「所属クリエイター制度」は、平たく言えば、「所属」にはなるが個人活動の制限は一切しないという制度。dotの仕事は「やりたい案件ならやっていいし、断ってもOK」。クリエイターに対して、都合よくdotという組織や仕組みを利用してください、というスタンスだ。

「私たちの大前提として、優秀なクリエイターと仕事がしたい。でもそれは、必ずしも正社員として雇用することを意味しないと考えています。当のクリエイターにとって正社員が幸せなあり方とは限らないからです。私たちと一緒に働きたくなる仕組みでもあり、何よりクリエイターにとって理想的な働き方を築ける1つのツールとして、この制度をつくりました」(富永勇亮さん)

主な遵守すべきルールは、dotの名刺を持つことと、週1度の定例ミーティングへの参加。その場で、dotが抱えるプロジェクトが共有され、参加意思の表明が可能だ。興味があればコミットできる。基本は自由裁量で、個人名義のプロジェクト優先で断るのもあり、dot案件を優先してもOK。フリーランスとの違いは、所属クリエイターは希望すればdotにマネジメント代行を請け負ってもらうことが可能な点。困った時だけうまく頼るのがOKな仕組みになるので、自由裁量が担保された上で、組織の強みも活用可能というメリットも享受できる制度である(01)。

f861dc79d8ba462beca3feaf10826dfd.jpg
01 所属クリエイター制度とは?
dot by dotの経営思想との距離感を例にすると理解しやすいだろう。もっとも近いのが創業者や役員だとすると、次に近い層が社員、その次のレイヤーが所属クリエイター制度だと富永さんは説明する。決して帰属を求める制度でなく、フリーランスとして働き続けられるのがメリット

 

制度(精度)の肝はマッチング

富永さんの持論で、dotの哲学にもなるのが「仕事は良質な人材のもとに集まる」。この制度が徹底的にクリエイター本位を意識しているのはそのためだ。実際、dotの活動は他の点でも大きな説得力を発揮する。例えば、リモートワークが容認されていて、正社員の中にいる大阪在住者2名(デザイナー、プログラマー各1名)とは、直接会う機会は数カ月に1度だとか。通常業務は各種ツールでつながる仕組みが確立していて、不便は少ないという。シェアオフィスの運営も行っており、所属クリエイター制度ほどではないがdotに興味を持つクリエイターに対して、シェアオフィスで働く選択肢も提供できている。クリエイターの創造行為をメインに考え、一番打ち込みやすい環境の提供が目的のため、もっとも重視するのはマッチングだ(02)。

「スキルはもちろんながら、私たちとクリエイターが合うかどうか。ここが合わないと両者にメリットがないので、マッチングはかなり慎重に見極めます」(富永さん)

1c57f618e383ffb996ada9899c87777c.jpg
02 マッチングを最重要視する制度
クリエイター自身のスキルや自己管理力を徹底して信じることで成り立つ制度のため、両者のマッチングを非常に重視するという。互いに相性、適応を見ながら、必ず1度、案件を一緒にやってみて、現場での互いのフィーリングなどを最終確認して採用を判断する

 

「都合よく利用していい」というメリット

2017年から「所属クリエイター制度」を利用する、元PARTYのプログラマー、渡島健太さんに所属の実情を聞くと、「驚くほど拘束がない」と語る。

「結果が求められる立場だという自覚を強く持っているので、仕事への緊張感はあります。ただ、普段の仕事は自由裁量で、dot経由と自分経由の案件が五分五分くらいで調整しています」

渡島さんのもとには、定評のプログラムスキルを見越した依頼が個人宛で来ることが少なくないそうだ。だからこそ、「所属」の恩恵もあやかりやすいという(03)。

「個人で引き受けるにはリソースが厳しい場合や、クライアントによって法人でないと契約が厳しい場合、dotに相談できるメリットがあります。都合よく相談していいよ、というのも助かっています」(渡島さん)

その真意を富永さんに聞くと…。

「クリエイターには制作や開発になるべく集中してほしいので、僕ら経由で解決可能なハードルがあるなら遠慮なく相談してほしいし一緒に解決したい。基本的にマネジメントフィー(手数料)は取りません」

ケースA

b6a97286e85befc8957feaf38b20f926.jpg

ケースB

7c0d86392c15fefbd81b0fab2cda6347.jpg

ケースC

68f06bb62ff55f8e5c36dc61ece73020.jpg
03 所属クリエイター制度のメリット
所属クリエイターは希望によって参画の有無を決められる(ケースA)。本人に依頼があった場合、適宜dot by dotにリソースの相談も可能(ケースB)。クライアントはプロジェクト単位で優秀なクリエイターに依頼しやすいメリットがある(ケースC)。これら3例もあくまで関わり方の一部で、個人の動きやすさと法人のバックアップそれぞれの良さが活かせる

 

 

制度自体で利益を追求しない

この所属クリエイター制度について強調すべきは、制度自体で利益を上げるという発想がない点だろう。取材中に何度も富永さんが言ったのが「性善説に立つ制度」ということ。裏返すと、もしクリエイターのマネジメントで利益を上げることを優先し、コスト感覚が先立てば、性善説で成り立つ均衡が途端に崩れてしまう。

クリエイティブを重視する制度だからこそ、こうした風通しの良さや透明性が、所属クリエイターの万全な(気持ちのいい)状態を保つことにつながるのだろう(04)。

徹底した能力重視かつマッチング重視の所属クリエイター制度は、従来のマネジメント感覚と一線を画する仕組みだ。信頼があるからこそ、勤怠管理もしていないという。富永さんはこの状態を「管理しない状態こそ究極の管理」だとした。

「優秀なクリエイターが、同じ会社にいつまでも止まらなくなりつつありますし、優秀だからこそ採用側の負担やリスクも大きくなります。異なる環境で常に挑戦したいクリエイターにとって、この制度が適応すれば、それぞれの立場で望ましい状態が得られやすいはずです」

従来の利益への考え方とは異なる、クリエイター目線の制度が、業界を越えてクリエイティブの底上げへと寄与してほしい。この制度のさらなる飛躍を期待したい。

9d6fd85de62f76efddf847d590149a72.jpge622a2b6e3f19db29c1f97784e89ae61.jpg
04 性善説で成り立つ「所属クリエイター制度」
従来のマネジメントで想像しやすいのは、制度自体での利益の追求だが、「所属クリエイター制度」は制度自体での利益を求めない。クリエイター本位がベースの仕組みで、制度に興味を持った優れたクリエイターが、制度に関心を示して集まってくるという好循環を狙っている
225266c154f18812381d6429084cac61.jpg
 

掲載号

Web Designing 2019年2月号

Web Designing 2019年2月号

2018年12月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

Web制作会社の動向でわかる!IT業界の2019年

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アンケートとインタビューで浮き彫りにする
Web制作業界の今とこれから

Web制作のリアル 2019

●この5年、Webの役割はどう変わった?
●どんな業務が増え、どんな仕事が減った?
●Web制作以外で広げたい業務は?
●会社として求める人材像は?
●強化したい知識やスキルは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

デジタル全盛の今、加速度的にWeb制作の現場も変化しています。
ほんの5年前と比べてもスマホの普及やインフラの進化、さらにはAIなど技術的潮流の変化もさることながら、
それらに伴う消費者の行動変化は今までないスピードになっています。

そんな中、デジタルを駆使した課題解決のプロであるWeb制作会社/Web制作者は、
「サイト制作」だけを請け負う存在ではなくなりました。
ブランディングやプロジェクトの上流から参加するコンサルティング、アプリやビジネスツールの開発、
IoT、AI、はたまた採用やコーポレートアイデンティティの構築まで、その仕事の領域は大きく広がっています。

なぜそんなことが起きているのでしょうか。
Web制作という仕事にはそういった新しい領域の課題を解決し、次世代の要望を実現するスキルとノウハウがあるからです。
デジタルを中心とした現代のビジネスは、そんな「パートナー」を求めているのです。

では、そんなWeb制作会社やWeb制作者は何に力を入れ、これからどこへ向かおうとしているのでしょうか。
本特集では、独自アンケートとインタビューによる調査を実施し、Web制作会社の現在の経営戦略や現場の生の声を徹底収集。
過去5年間からの現場の変化を鑑みながら、Webを中心としたデジタル時代の今と近未来を考えてみようと思います。




■[第1部]Web制作白書2019・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Web制作という仕事が登場して20年強。この仕事の形は大きく変化を遂げてきました。
かつてデザインを中心としたその仕事は、今や単なる制作に留まらぬ、実に幅の広い仕事になっています。
Web制作に携わる人達が何を考え、どう働き、どこを目指しているのか。
その点をさまざまな角度から尋ね、その結果をグラフとコメントで構成しました。

Web制作とは今、どんな仕事なのか。そしてこれからどう変化していこうとしているのか。
その結果からは驚きの今と未来が見えてきます。



■[第2部]時代がWebクリエイターを求め始めている! Web制作の今とこれから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・「デザイン経営宣言」をWeb制作者観点から読み解く

[Chapter1]Web制作とクリエイティブの今・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・Web業界の変化と活路
 主に仕事の内容について、打ち上げ花火的なプロモーションの激減、クリエイティブという言葉が引き連れる意味の変遷など、
 Web制作が表現からクライアントの課題解決へと向かっている根拠を探ります。

・Web制作12社が考える「いま現場で必要とされる能力とは?」
 現場では、デザイナーであればデザインを、プログラマーであればコーディングを、という枠組みだけでなく、両者の知識やコミュニケーション能力など、職能が
 広がっている状況を把握します。

・デザインの力は企業になにをもたらすのか?_サイバーエジェント執行役員 佐藤洋介
 いまのWeb制作としての職能をどう育てるのかについて、対個人的、組織論的なアプローチで育成についてのヒントを解説します。
 同様に、個人がどのようにその能力を身につけることができるのか、日常の生活、毎日の仕事のなかでいかにアンテナを張り、知見をためていけるのでしょうか。

・Web制作会社進化論~広がる業務領域~


[Chapter2]制作会社が知っておきたい今ドキのクライアント事情・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
予算策定までのプロセス、要件定義の考え方、社内事情。制作会社に発注したい企業にも、「やりたくてもできない」理由があります。
現在の企業がWebビジネスを行う際、どのような課題や障壁があるのでしょうか。

・クライアントとの適切な関係をつくる「予算や見積もりの考え方」
・濃密で長期の関係を築く方法


など

この記事を見た人はこんな記事も見ています