ラーテル 蜂 雲 はちみつ

About Me

ラーテルは、イタチ科に属する小型の哺乳類動物です。別名をミツアナグマ、英名で Honey Badger と言います。

雑食性で、小型の動物(虫・両生類・爬虫類・小型哺乳類など)や果実などを食べます。中でもはちみつが大好物です。

また、「世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定された生き物としても知られています。食べ物の為ならライオンや大型動物などにも立ち向かって行きます。

コブラ科の蛇が持つ神経毒に対して強い耐性を持つため、コブラなどの毒蛇も食べてしまいます。もし毒蛇に咬まれても一時的に動けなくなるだけで、数時間後には回復して動き回ります。

とても食いしん坊で、可愛らしい見た目からは想像が付かない貪欲さです。

花

Ratel Life

ラーテルは夜行性で夕方より活動開始します。ラーテルがはちみつを取りに行く様子を収めた動画を下のアドレスより見ることができます。(昼間に活動することもあります)

Honey Badger mpeg2video - YouTube

動画の途中で鳥がけたたましく鳴いていますが、ラーテルと共生関係にあるミツオシエ科の鳥の鳴き声です。

ミツオシエ科の鳥もはちみつが好物ですが、自分でははちみつを取る事ができないため蜂の巣を見つけると、ラーテルに知らせに行きます。ラーテルも自分では蜂の巣を見つけることはできないため、知らせをうけたら鳥に蜂の巣まで案内してもらい、巣を破壊しはちみつを手に入れます。鳥はラーテルからおこぼれのはちみつをもらいます。

Reckless

夜中、穴掘りをしている最中にヤマアラシに見つかり攻撃されてしまいますが、ヤマアラシの攻撃にまったく動じないラーテルの様子を収めた動画を下のアドレスから見ることができます。

Honey Badger vs Porcupine - YouTube

ヤマアラシの背中に生える針毛はとてもするどく、ライオンや豹、クマなども撃退してしまうほどです。そんなヤマアラシに攻撃されても動じることなく、穴を掘り進めるラーテルはまさに「世界一怖い物知らずの動物」ですね。

ラーテルは日本の野生には生息していませんが、東山動植物園で飼育・展示されています。時間帯によっては飼育員さんによる、はちみつやりの様子を見ることができるようです。

流れ星
ページ先頭へ