shukatsu2021

【就活BOOK読み放題】は株式会社マイナビ出版が運営する就活支援サービスです

【面接対策】コラム1 面接前は、どんな準備をすればいい?

こんにちは。就活BOOK読み放題サービス編集部です。この記事では読み放題サービスで読める書籍から、就活中の皆さんに役立つ情報をお届けします。

面接官は言葉以上のことを知りたがっています。その意図を知り答えられるようにしましょう。

コラム1 面接前は、どんな準備をすればいい?

 

よく聞かれる事柄について、自分なりの解答を考えておくことが大切です。それ以外にも、面接前には準備しておいた方がいいことがあります。十分に準備をしておけば、面接本番も自信を持って臨めるはず! 面接準備のポイントを教えます。

 

ポイント1 提出したエントリーシートを読み返す

面接準備の基本。面接では、エントリーシートに書いた内容を詳しく聞かれるので、よく読み返しましょう。ちなみに、面接でエントリーシートと異なる内容を話しても構いませんが、その場合は必ずその理由も述べること。

 

ポイント2 新聞やニュースに目を通しておく

面接では、時事問題も出題されます。就活は社会人への第一歩と考えると、ニュースや新聞を見ておくことは必要です。新聞を読み慣れないという人は、まずは自分の興味のあるニュースだけでもしっかり読みましょう。

 

ポイント3 面接会場の確認をして遅刻防止

ただ確認するだけでなく、できれば、事前に実際に足を運んでおきましょう。会場の地図が分かりにくく、ほかの学生が迷って遅刻する中、事前に足を運んだ学生のみが時間通りに到着し、内定を勝ち取ったケースも!

 

ポイント4 “模擬面接”で本番の練習をしておく

面接を受けるときは、緊張してしまうもの。事前の練習で、緊張を軽くすることができます。友達同士で質問をし合ったり、就職課などを利用するのも一つの方法。練習が終わったら、自分の人物像が伝わったかどうか確認を。

 

ポイント5 前回の面接を振り返り、次に生かす!

何度か面接を受けている場合は、前回の面接を振り返ることが大切。実際に話してみて、「この言い方では伝わっていなかった」、「この表現は分かりにくい」など気づくことがあるはず。その気づきを、次の面接に生かしましょう。
 

いかがでしたか?
このような内容の電子書籍が全15冊、いつでもどこでも読み放題になるサービスはコチラ
(本記事は『マイナビ2021 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 面接担当者の質問の意図』より)

 

 

著者プロフィール

author_image_description
就活BOOK読み放題サービス編集部