shukatsu2021

【就活BOOK読み放題】は株式会社マイナビ出版が運営する就活支援サービスです

厄介な短所質問。うまくPRにつなげていこう。

こんにちは。就活BOOK読み放題サービス編集部です。この記事では読み放題サービスで読める書籍から、就活中の皆さんに役立つ情報をお届けします。

面接やエントリーシートなど、場所で質問される短所。答えにくい部分をうまくPRにつなげていこう。

自分の短所への触れ方をマスターしよう

「親しい友人から見た場合のあなたの長所と短所」といったテーマも、よく出される課題の一つです。ここでは、新たな要素として、自分の「短所」を含んだ自己PRについて解説します。

自分の「短所」について自己分析する

自己PRで記入する短所とは、「長所や特徴に比較すれば、やや力不足なこと」ととらえましょう。決して、「悪い点」というとらえ方をしないことがポイントです。ここでは、4-4で行った「長所や特徴の整理」を利用することで自己分析を深めることができます。

例えば、「進んで取り組む力や周囲に働きかけ、巻き込む力については自信があるけど、現状を分析し課題を明らかにする力は弱いので、もっと勉強しないといけないな」という具合です。

この自己分析によって得られた「現状を分析し課題を明らかにする力が弱い」という特徴を言い換えれば、「現状を分析し課題を明らかにする力」が自分の「短所」と表現できます。

短所についての自己PR文を作るときのポイントは、短所を説明するパートの最後に、その短所の改善に向けた取り組みを加えることです。

短所を含んだ自己PRに、小見出しをつけて作成した場合の例文

「長所」

私の長所は二つあります。一つ目は、チームの良い雰囲気を維持しようと気を配れる点です。例えば、議論が白熱しても「相手をやりこめる」ことはしません。議論した後の飲み会でも、その場面を引きずることなく、相手とコミュニケーションできます。

二つ目は、チームの問題に対する当事者意識の強さです。アルバイト先でもリーダーなどの役割を任命されたわけではないのですが、困っている仲間を放っておくことはしません。例えば、まごつく新人をフォローしたり、出勤できなくなったパートさんの代わりに私がシフトに入ったりなど周囲の問題を解消するように進んで働きました。友人やアルバイト仲間から、「頼りになる。出会えてよかった」と感謝されることがよくあります。

「短所」

「現状を分析し、課題を明らかにする力」は、やや弱いと自覚しています。理系タイプの友人の物事に対する分析力や目的意識の高い言動に触れ、感心することが度々あるからです。どちらかといえば私は、論理よりも、ひらめきを重視するタイプであると自己分析しています。

現在は、課題解決力を磨くために、ビジネス書籍を通して、その考え方やアプローチ法を学んでいます。

※この例文の場合、「現在は、課題解決力を磨くために、ビジネス書籍を通して、その考え方やアプローチ法を学んでいます」という記述が、短所の改善に向けた取り組みを紹介している部分となります。

いかがでしたか?
このような内容の電子書籍が全15冊、いつでもどこでも読み放題になるサービスはコチラ
(本記事は『マイナビ2021 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド インターンシップ 仕事のホントを知る! 見る! 考える!』より)

 

 

著者プロフィール

author_image_description
美土路雅子