shukatsu2021

【就活BOOK読み放題】は株式会社マイナビ出版が運営する就活支援サービスです

【リモート時代の就活ノート】就活ノートってなにに使うの?

こんにちは。就活BOOK読み放題サービス編集部です。この記事では読み放題サービスで読める書籍から、就活中の皆さんに役立つ情報をお届けします。

就活の情報をまとめる就活ノート。その使い方をご紹介いたします。

就活ノートはどのようなときに使う?

 

就活ノートとは、いつ、どこで、

どんなときに、必要になってくるのでしょうか?

就活のプロセスとともに確認しましょう。

 

ここをチェック!

● 就活におけるすべてのプロセスで必要になる

● 自分が得た情報はすべてメモする

● 内定獲得のヒントは就活ノートの中にある

 

自己分析や会社説明会で使う

 

就活ノートは、どのようなときに使うのでしょうか。答えは簡単です。就活のすべてのプロセスにおいて必要です。では皆さんが内定を獲得するまでに、どのようなプロセスを踏むのか、簡単に説明しておきましょう。

就活のすべての基本になるのが「自己分析」です。自分のことを知らなければ、自分は何をしたいのか、どんな企業に入りたいのかも分かりません。就活ノートを用意して、徹底的に自己分析を繰り返す。これが就職活動のスタートになります

次は、『マイナビ』のような就職情報サイトへの登録です。就活の「出口」が内定の獲得であれば、この就職情報サイトへの登録は「入口」です。この登録によって、さまざまな企業が公開する新卒採用情報を手に入れられるようになります。そして、各々の企業にエントリーします。興味のある企業にエントリーすることで、会社説明会などの情報が手に入ります。

「会社説明会」は、その企業について深く知ることができるチャンスです。では、深く知った情報をどうするのか。そうです、その情報を詳しくノートにメモしていきます。毎年たくさんの学生が大切な情報を取りこぼして、気づかないうちに多くのチャンスを逃しています。会社説明会で記したメモが、あなたの就活の結果を大きく左右するのです

 

OB・OG訪問や業界&企業研究で使う

 

次にやるべきことは「OB・OG訪問」です。大学の先輩が勤めている会社などを訪れて話を聞くと、仕事の実態や面接の心構えといったリアルな情報が得られます。それと同時に、業界研究や企業研究も進めていきます。

世の中には、知らない業界や職種がたくさんあります。就活で重要なのは、志望業界を絞らないこと。特定の業界だけを研究して就活を進めるのは、とても危険です。今は簡単に情報を集められる時代ですから、活字やデータに頼る人が多いのですが、自分の足と時間を使って企業で働いている人に接し、実際の雰囲気を感じることはとても大切です。

業界を絞り込まずに、すべての業界の研究を進めながら、自分がその業界で何ができるのか、何をしたいのかを改めて考えていきましょう。

では、OB・OG訪問や、業界&企業研究で得た情報をどうするのか。自分が感じたこと、考えたことをどこにメモするのか。そうです。それらもすべて就活ノートに書き留めていくのです

さらに次のステップが、採用試験の第一関門「エントリーシートの提出」です。このときも、就活ノートが非常に大事な役割を果たします。

 

エントリーシートや面接で使う

 

エントリーシートによる書類選考を通過すれば、いよいよ「面接」です。集団面接や個人面接、グループディスカッションなど、おおむね3~4回の面接が行なわれた後、最終面接を迎えることになります。最終面接をクリアすれば、晴れて内定獲得です。

ただし、あなたが採用試験を受ける企業は1社ではないはず。おそらく何十社もの面接を受けることになるでしょう。一つの面接が終わったら、何を質問されたのか、自分はどう答えたのか、反省すべきことは何か。それらをすべて就活ノートに書き留めておく。これが内定獲得へとつながる、とても重要なポイントになります。

もしも面接で思うような結果が出なかったときは、自分の就活ノートを何度も読み返してください。状況を変えるためのヒントは、必ずそこにあります。あなたにとっての就活の道しるべとなるもの、最大の味方でもあり、最高の助言者。それが自分で書いた就活ノートなのです
 

いかがでしたか?
このような内容の電子書籍が全15冊、いつでもどこでも読み放題になるサービスはコチラ
(本記事は『マイナビ2022 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 就活ノートの作り方』より)

 

 

著者プロフィール

author_image_description
才木弓加