将棋情報局

明けましておめでとうございます (小川の書籍レポート 第4回)

? 新年明けましておめでとうございます。本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。
 と言いながら、昨年暮れの話で恐縮ですが、仕事納めの28日に橋本八段が経営する「Shogi-Bar」に書籍スタッフ4人で行ってきました。池袋西口からすぐ近く、ロマンス通りを突っ切った辺りにあります。


 橋本八段に挨拶した後、盤駒を借りてボトルを飲みながらのリレー将棋となりました。普段、飲んだら指さない、打たないをモットーにしている私ですが、このメンバー相手のリレー将棋なら「まあ、いいか」ということで、対局開始。1手ずつ交替するシステムです。私の相棒は母校将棋部の後輩ですが、詰将棋が好きで、敵玉を詰ますことしか頭にないタイプ。粘りと頑張りが取り得の私とは全く読み筋が合いません。必勝の将棋を逆転されてしまいました。ところが、そこからさらに逆転。「将棋は最後に悪手を指した方が負ける」とは至言だと改めて実感しました。

 第1図は9三で清算された局面。ここから後手玉を詰ましてください。


 第2図は第1図からなぜかこう進んだ局面。ここから先手玉を詰ましてください。ついでに第1図から第2図を経て投了までの手順も考えてください。


 いずれも正解は次回のブログで。

(株式会社マイナビ 小川明久)


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者