将棋情報局

脅威の七段!! 「将棋レボリューション 激指12」もうすぐ発売

『令和3年版 将棋年鑑 2021』予約受付中! トレカ、小冊子、動画など限定特典満載

みなさま、こんにちは。将棋書籍編集部です。

世界コンピュータ将棋選手権優勝4回を誇る、最強の将棋ソフト激指。その最新バージョン「将棋レボリューション 激指12」が、今週発売になります。その強さはプロに迫るところまで達していて、“七段”の登場となりました。

早速その強さを体感しようと、「七段を倒せ!実戦編」にチャレンジ。このモードは有利な局面から指し始めることができるのですが、じわじわ追い上げられて、無念の投了……。敗因を「検討モード」で調べて何度か同じ局面からチャレンジしたものの、なかなか勝たせてもらえません。

気を取り直して、今度は新機能の「定跡次の一手」にチャレンジ。こちらは定跡局面からポイントとなる次の一手を問うもので、所司和晴七段が出題と解説をしています。

四間飛車を選択すると、この問題が出てきました。
一応居飛車穴熊が完成しているので、第一感は▲4六歩。早速指してみると、「間違い。▲4六歩は△同歩▲同銀△6五歩▲5七銀△3五歩▲2六飛△5五歩以下難しい戦いになる」との解説が。あれこれ答えてみてようやく正解にたどり着きましたが、みなさまはお分かりでしょうか?

正解は▲4八銀。以下5九~5八~6九~7八のコースで右銀を穴熊にくっつけ、囲いを強化するのが狙いとのことです。自分としては目からうろこの指し手で勉強になりました。このような問題が500問以上収録されています。

発売は12月14日(金)です。お楽しみに。

『令和3年版 将棋年鑑 2021』予約受付中! トレカ、小冊子、動画など限定特典満載
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者