将棋情報局

伊藤かりんVS戸辺誠七段 二枚落ち次の一手

将棋世界で好評連載中の「かりんの将棋部屋」は4月号が最終回。
その最終回の内容は、これまで勉強してきた二枚落ちの実戦編だ。戸辺七段とかりんさんの実戦を元にした次の一手をぜひ解いていただきたい。
【講師】戸辺誠七段 【生徒】伊藤かりん(乃木坂46)【構成】将棋世界編集部

 ※本記事は将棋世界2017年4月号「かりんの将棋部屋」を再編集したものです。




※「将棋世界4月号」は、紙版、電子版ともに絶賛発売中です。また、「マイナビBOOKS」による、限定販売で、判型が2倍サイズで大きく見やすい「将棋世界4月号ワイド版」もあります。詳しくはこちら

------------------------------------------------------------------------

【第1問】1手答えてください












【第1問解答】▲9八香(解答1図)



戸辺七段解説「上手は次に△8六歩▲同歩△8七歩を狙っていて、このままだと下手の角が9七や7九に追いやられてしまいます。二枚落ちは角の利きを軸に攻めを組み立てていくので、▲9八香として、△8七歩に▲9九角の逃げ道を作っておくのが大切です」




【第2問】1手答えてください












【第2問解答】▲4五銀(解答2図)




戸辺七段解説「かりんさんは最初▲4五桂を考えていたみたいですが、いきなり桂跳ねはちょっと軽く、第2問から仮に▲6六歩△7五金▲4五桂は、△4三歩▲5三桂成△同金▲同角成△同玉▲4五銀に△5五歩と受けられて、▲4四金が打てないので意外と大変です。▲4五銀△同銀▲同桂△5四銀▲6六歩△7五金▲5三桂成△同金▲同角成△同玉▲4五銀との違いを比べれば明らかですね」




【第3問】1手答えてください











【第3問解答】▲6一銀(解答3図)



戸辺七段解説「▲6一銀に△同玉は▲6三金で寄りなので△6二玉ですが、▲6三金△同玉▲5二飛成と下手は飛車を成り込むことができました。あとはどう寄せるか、という状況です」




【第4問】3手答えてください












【第4問解答】▲8二竜△8三金▲9一龍(解答4図)



戸辺七段解説「解答3図のあと、かりんさんに緩手が出たため、第4問は下手もちょっと怖い局面になりましたが、正しく寄せればまだ大丈夫です。ここは▲8二龍△8三金▲9一龍(解答4図)が▲9五金からの詰めろで下手勝ちになります。▲8二龍に銀合いは▲7二銀不成でやはり下手勝ちです」


参考棋譜 二枚落ち実戦編
△上手 戸辺 誠 ▲下手 伊藤かりん(乃木坂46)
△6二銀▲7六歩 △5四歩▲4六歩
△5三銀▲4五歩 △3二金▲4八銀
△6二玉▲4七銀 △6四歩▲3六歩
△7四歩▲3五歩 △2二銀▲5六歩
△6三玉▲6八銀 △6二金▲5七銀
△7三金▲4六銀 △8四金▲5八飛
△2四歩▲4八玉 △2三銀▲3八玉
△1四歩▲1六歩 △9四歩▲9六歩
△8五金▲2八玉 △7六金▲7八金
△8四歩▲3八金 △7三桂▲3七桂
△8五歩(第1問)▲9八香(解答1図)
△4二金▲5五歩 △同 歩▲同 飛
△5四歩▲5九飛 △7五金▲4四歩
△同 歩▲5五歩 △6五金▲5四歩
△同 銀▲4四角 △5三歩(第2問)
▲4五銀(解答2図)△4三銀▲7七桂
△7六金▲5四歩 △4四銀▲同 銀
△5四歩▲4三銀打△同 金▲同銀不成
△5五銀▲5四銀成△同 玉▲4五金
△6三玉▲5五飛 △5二歩▲5四金
△7二玉▲6四金 △6三銀(第3問)
▲6一銀(解答3図)△6二玉▲6三金
△同 玉▲5二飛成△6四玉▲6六銀
△同 金▲同 歩 △7五玉▲6七金
△4六歩▲7六歩 △8四玉▲4六銀
△4九角(第4問)▲8二龍△8三金
▲9一龍(解答4図)△7五歩▲7二銀不成
△6七角成▲8三銀成△同 玉▲6四金
△7四金▲9三金
 まで、下手の勝ち

この二枚落ちの模様の詳細は、現在発売中の将棋世界4月号をご覧ください。
また5月号からは新連載「かりんの振り飛車WATCH」が始まります。そちらもお楽しみに!





※「将棋世界4月号」絶賛発売中


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者