新刊情報から取材裏話まで 最新情報をギュッとまとめた将棋ポータルサイト

マイナビ将棋編集部BLOG

新刊案内

「これからの相矢倉」からponanza新手に対する見解

2015.01.08 | 米澤孝至

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。編集部の米澤です。
月曜日に引き続き、「これからの相矢倉」から将棋ソフトの新手の紹介です。

今日はponanza新手です。
 
 
☆ponanza新手とは
 
ponanza新手宮田新手の先の変化で出てくる新手です。
大ざっぱに整理すると、宮田新手は先手番の手で、ponanza新手は後手番の手です。
 
背景などは説明し切れないので、ここでは該当の局面だけ簡単に紹介します。
宮田新手はこの局面。
 
 
そこから数手進んでponanza新手。
 
 
平成25年の名人戦▲羽生―△森内戦で現れた局面なので覚えている方も多いでしょう。
プロ的には盲点となっていた一着で、名人戦でも後手の森内名人(当時)が勝ち防衛を決めています。
△3七銀以下、▲5八飛△2六銀成▲1四銀△2五成銀▲同銀△1三桂▲3六銀△3七角成…。
 
 
この名人戦の進行は後手良しのようです。

その後、先手も工夫します。
先ほどのponanza新手の局面をもう1度ご覧ください。
 
 
この手前で先手番が少し変化するようになりました。
 
①角の引き場所が6八→5七に
②端の垂れ歩が▲1三歩→▲1四歩(下図)に
 
 
ここから先の変化を、本書では掘り下げています。
 
例えば、70図以下△3七銀▲6八飛△2六銀成の変化は先手良し。
そこで今度は後手が△2六銀不成と変化して…。
 
結論:変化は多岐に渡り、課題局面多し。難解。
 
 
真相は書籍でご確認いただければと思います。
ではでは。
 

あなたにおすすめの商品