本の森JP

86354-747-6.jpg

購入形態

書籍
8,800円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

事業再生学 ~中小企業の経営管理と危機対応~ 中編 経営管理の実務

シーアンドアール研究所

中編は、中小企業の経営に必要とされる「経営管理の実務」に焦点を当て、中でも特に必要とされる会計、財務、税務、金融の4章で構成されている。企業の将来は、平時における経営管理の巧拙に左右されるといわれる。会社がうまく回っているときこそ、将来への備えが必要であり、会社の有事の際に備えた予防管理も必要である。先を見越した経営管理術は、事業再生局面においてもきっと役立つことであろう。

目次

●第1章経営実務の会計
●第2章経営実務の財務
●第3章経営実務の税務
●第4章経営実務の金融

著者プロフィール

  • 高橋章(著者)

    編著者 : 杉田利雄(すぎた・としお)
    BFCA経営財務支援協会代表。MJS税経システム研究所客員研究員。大手情報処理会社にて、システムコンサルタント・マネージャー、情報センター長任務後1989年独立。株式会社エム・エム・プランを創業し、企業向けには経営管理指導を得意とする一方、士業・コンサルタント向けにはマーケティング強化を支援している。著書は『透明会計と決算公告』『ターンアラウンド・マネジメントの基礎と実務―真の事業再生に向けて』など、他多数。近著に『中小企業の事業承継対策~ピンチをチャンスに変える承継対策の構築~』(?ミロク情報サービス税経システム研究所編)がある。

    監修 : BFCA経営財務支援協会
    中小企業の経営管理面を指導・支援する士業&コンサルタントの全国ネットワーク。全国に約200人の会員と6つのNPO等提携団体を持っている。

    著者 : 高橋章(たかはし・あきら)
    1963年生まれ。東京大学法学部卒業。メガバンク、一部上場ノンバンクの企画部門で、中小企業、個人に対する様々なファイナンススキームを商品化。2008年、サービサー会社を設立し代表取締役に就任、多くの事業再生案件に取り組む。2011年より経営財務支援協会取締役として、全国の再生案件を手がけるほか、士業・コンサルタント等による中小企業支援を進めるためのマーケティング活動にも従事。著書に、『中小企業の生き残り計画-あるべき「実抜計画書」の作り方』(平成出版、共著)がある。

    執筆協力 : 内橋慎一(うちはし・しんいち)
    内橋慎一税理士事務所代表。税理士。JP税務戦略研究会会員。NPO法人関西事業再生支援センター会員。関西学院大学経済学部卒。東証1部上場企業にてディスクローズ業務に携わった後、税理士事務所勤務を経て、不動産、IT、アパレル等中小企業の財務担当役員として上場準備、企業グループ内組織再編、資金調達などに携わる。2004年10月、内橋慎一税理士事務所を開業。法人税、資産税をベースに事業承継対策、組織再編、事業計画作成のサポートなどを手掛けている。

    【担当編集者から】
    本書では、図を交えながら、会計・財務・税務・金融について体系的に解説しています。索引も充実しています。ぜひ、ご確認ください。(吉成 明久)




販売元:C&R研究所
商品についてのお問い合わせ先:
https://www.c-r.com/contact/index

発送について:
発送を伴う商品については、原則として3日~5日程度で発送いたします。また、1回の注文につき送料として600円を別途ご請求いたします。