本の森JP

購入形態

PDF
2,700円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

Amazon Web Servicesネットワーク入門

インプレス

初めて作るクラウドインフラ

AWSが登場した当初は提供されるサービスもわずかで、ネットワーク構成も簡単でした。しかしいまでは、「たくさんのマネージドサービス」と「ネットワーク機能の高機能化」が、これからAWSを始めようとする人の出鼻をくじいてしまいます。

このような事態を何とかしたい。そう思って書いたのが、本書です。

本書では、AWSのもっとも基本的な構成となる「ネットワークとサーバー」を説明します。AWSにおいてネットワークは「VPC」、サーバーは「EC2インスタンス」で構成されます。本書では、この2つの機能を中心に解説します。

本書では、Webサーバー1台とデータベースサーバー1台で構成されたオンプレミスのシステムをAWSで実現するには、AWSならではの決まりごとや罠がたくさんあります。たとえば、「最初に利用するIPアドレスの範囲を決めて、それを分割してネットワークを構築する」「インターネットに接続する場合でも、ネットワークの設計上はプライベートIPアドレスを使う」などです。

本書では、こうしたAWSならではの勘所を説明しながら、最終的に、独自ドメインでWebサーバーを運用できるようにするところまでを説明します。

発売日:2016-11-11

ページ数:208ページ

目次

表紙
本書の利用について
はじめに
目次
CHAPTER 1 AWS でのシステム構築
1-1 企業 IT インフラを AWS 環境へ
1-2 オンプレミス環境におけるネットワーク
1-3 データセンターとしてみたときの AWS
1-4 AWS におけるシステム構成
1-5 まとめ
CHAPTER 2 仮想ネットワークの作成 - Amazon VPC
2-1 VPC ネットワークとは
2-2 CIDR 表記について
2-3 VPC 領域と他のネットワークとの接続
2-4 デフォルトの VPC
2-5 VPC 領域とサブネットを作る
2-6 まとめ
CHAPTER 3 EC2 インスタンスと IP アドレス
3-1 EC2 インスタンスに割り当てられる IP アドレス
3-2 EC2 インスタンスの設置
3-3 EC2 インスタンスの IP アドレスの確認
3-4 ENI を確認する
3-5 まとめ
CHAPTER 4 インターネットとの接続
4-1 EC2 インスタンスをインターネットに接続
4-2 パブリックIP アドレスの割り当て操作
4-3 VPC にインターネットゲートウェイを接続する
4-4 ルートテーブルを構成する
4-5 EC2 インスタンスに SSH でログインする
4-6 EC2 インスタンス内で ENI の状態を確認する
4-7 パブリックIP アドレスを取得する
4-8 まとめ
CHAPTER 5 セキュリティグループとネットワーク ACL
5-1 セキュリティグループとネットワークACL の違い
5-2 セキュリティグループ
5-3 ネットワーク ACL
5-4 HTTP / HTTPS 通信可能なセキュリティグループの設定
5-5 まとめ
CHAPTER 6 プライベートなネットワークの運用
6-1 プライベート IP で EC2 インスタンスを運用する
6-2 NAT ゲートウェイ
6-3 プライベート IP で運用するサーバーを構築する
6-4 まとめ
CHAPTER 7 独自ドメインの運用
7-1 Elastic IP
7-2 Route 53
7-3 まとめ
索引
奥付

著者プロフィール

  • 大澤文孝(著者)

    テクニカルライター/プログラマー、情報処理資格としてセキュリティスペシャリスト、ネットワークスペシャリストを取得。Webシステムの設計・開発とともに、長年の執筆活動のなかで、電子工作、Webシステム、プログラミング、データベースシステム、パブリッククラウドに関する書籍を多数出版している。近年のクラウド関連の書籍としては、『さわってわかる機械学習 Azure Machine Learning 実践ガイド』(共著:日経BP)、『Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン実装ガイド』(共著:日経BP)『Amazon Web ServicesではじめるWebサーバ』(工学社)などがある。


販売元:C&R研究所
商品についてのお問い合わせ先:
https://www.c-r.com/contact/index

発送について:
発送を伴う商品については、原則として3日~5日程度で発送いたします。また、1回の注文につき送料として600円を別途ご請求いたします。