本の森JP

2950089911000000000I.jpg

購入形態

PDF
3,080円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

DXビジネス 全体像の可視化 情報サービス産業白書2020

インプレス

DX時代に臨む情報サービス産業の現状を徹底分析

情報サービス産業協会の年次白書の最新版です。社会がデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進により大きく変わろうとするなか、日本企業のIT化を下支えしてきた情報サービス会社の立ち位置が問われています。顧客のDX化を共に推進していくのか、これまで通りの下支えのポジションに徹するのか、自らDX改革を行い、新たなビジネスにトライするのか、選択肢はいくつもあります。
本書では、情報サービス会社の現在の立ち位置をアンケート結果により明確化したうえで、この先どのような方向に進むべきかを提案します。加えて、情報サービス産業協会会員企業の識者による、最新のキーワードに関する技術解説、情報サービス産業協会による定点アンケートで業界の現状を明らかにします。
本書は情報サービス会社が今後どのような方向に進むべきかを考える際のヒントになるはずです。

発売日:2020-06-25

ページ数:150ページ

目次

表紙
空白ページ
序文
白書編纂タスクフォース、執筆者一覧
本白書における情報サービス産業の位置づけ
目次
第1部 DXビジネスの可視化
第1章 特定テーマの背景と狙い
第2章 情報サービス産業における取り組みの状況(アンケート)/第1節 情報サービス産業におけるDXビジネスの実施状況
第2節 情報サービス産業におけるDXビジネスのポートフォリオ
第3節 DXビジネスポートフォリオの組み方ごとの特性
第3章 DXビジネスポートフォリオの拡大に取り組む先行事例(インタビューより)/序 インタビューの概要
1 セゾン情報システム
2 ユニ・トランド(バスロケ/MANALYZE)
3 伊藤忠テクノソリューションズ(TABETE)
4 SCSK(HAX Tokyo)
5 STANDARD(AI人材のPMO派遣)
6 最後に
第2部 情報サービス産業の概況
第1章 JISA委員会レポート等で概観する情報サービス産業のトレンド/第1節 DX推進指標の理解と活用
第2節 情報技術マップ(DX特別編)
第2章 個別技術動向/第1節 IoT(Internet of Things)
第2節 AI
第3節 ブロックチェーン
第4節 次世代ネットワーク
第5節 仮想化・クラウド時代のアーキテクチャ
第6節 DevOps
第7節 デザイン思考
第8節 xR(VR/AR/MR)
第9節 RPA
第10節 API
第3章 統計で見る情報サービス産業/第1節 基本統計
第2節 DI調査
第3節 情報サービス産業動向調査(会員アンケート調査)
データ編 情報サービス産業動向調査(会員アンケート調査結果)
奥付

著者プロフィール


販売元:C&R研究所
商品についてのお問い合わせ先:
https://www.c-r.com/contact/index

発送について:
発送を伴う商品については、原則として3日~5日程度で発送いたします。また、1回の注文につき送料として600円を別途ご請求いたします。