マナティ

購入形態

PDF
2,916円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる

Rubyで作る奇妙なプログラミング言語

ヘンな言語のつくりかた

マイナビ出版

あの人気書籍がついに復刻再販!

あなたは「+-><.,[]」の8つの記号しかないプログラミング言語や、空白だけで構成されるプログラミング言語があるのをご存じでしょうか。本書では、そんな奇妙な言語(Esoteric Language)を題材にプログラミング言語の作り方を解説します。

プログラミング言語の未知の世界に触れてみたいあなたに。また、Rubyプログラムを書く際の慣習やテクニックについても触れられているため、Ruby学習者の「2冊目の本」としても最適な一冊です。

【注意】
本書は2008年12月に刊行された『Rubyで作る奇妙なプログラミング言語』を元にした復刻版です。基本的に書籍中の情報は、原著発行時のものですので、ご注意ください。
Ruby 2.x系、1.9系、1.8系対応です。

発売日:2014/1/7

ページ数:228ページ

目次

本書の概要とRubyのインストール
 章の構成
 対象読者
 Rubyのバージョンについて
 Rubyのインストール

1 Esoteric Languageを知る
1-1 Ruby練習問題
 初級編
 中級編
 上級編
 超上級編
1-2 サンプルプログラムに特化した言語、HQ9+
 HQ9+とは
 HQ9+インタプリタを作ってみよう
1-3 8つの命令ですべてを記述する言語、Brainf*ck
 Hello, Brainf*ck world!
 Brainf*ckの言語仕様
 例:Aという文字を出力してみる
 実装してみよう
 もう1つの実装方法
 言語処理系を実装する3つの方法
 Brainf*ckの性能
 おわりに
1-4 決して印刷できない言語、Whitespace
 Hello, Whitespace world!
 Whitespaceの言語仕様
 Whitespaceの実行モデル
 実装方針を考える
 Compilerクラスの実装
 Whitespace::VM
 実行部の実装
 試してみよう
 余談:アセンブラとの類似性

2 Esoteric Languageを作る
2-1 きらめく星空のような言語、Starry
 Esoteric Languageの設計と実装
 Starry言語の設計
 Hello, Starry world!
 実装してみよう
 まとめ
2-2 Unicodeを悪ノリした言語、Bolic
 Esoteric Languageの発想法
 Unicodeの奇妙な記号
 Bolic言語の設計
 実装してみよう
 プログラムを書いてみよう

付録 Esoteric Language傑作選
 新次元のプログラミング言語、Befunge
 文字を一種類しか使わない言語、Wierd
 英文学的プログラミング言語、Shakespeare
 数値を「調理」する言語、Chef
 関数だけでできている言語、Unlambda
 ちょっと草植えときますね型言語、Grass
 1キロバイトでコンパイラが書ける言語、False8
 0次元のプログラミング言語、NULL
 A, AAA言語、AAAAAAAAAAAAAA!!!!
 普通の言語に似て非なる言語、INTERCAL
 地獄から来た言語、Malbolge
 風にたなびく煙のような言語、KEMURI
 データをドライブする言語、Taxi4