• 2016.05.13

    議員の危機感から始まったiPad Proによる議会の見える化

    愛知県安城市議会では、iPadプロを導入し、ペーパーレス議会への挑戦を始めた。紙が不要になるだけでも大きな効果があるが、市議会のもっとも大きな狙いは「議会と議員活動の見える化」だ。成功の鍵は、「議員主導のICT化」「ハードルは低く、スピードは速く」という手法にあった。

    read more

  • 2016.04.17

    フェイスタイムは何のためにあるのか?

    「フェイスタイム(FaceTime)」と「メッセージ」は魅力あるサービスだが、iPhoneでは携帯本来の基本機能と重なるため、使っていない人も多い。そもそも、従来からあったものと重複するようなサービスを、なぜアップルがわざわざ専用に開発したのだろうか。これが今回の疑問だ。

    read more

  • 2016.04.09

    「現場で使われる」社内文化に則したiPad配備のお手本

    いち早く社内業務にiPadを導入し、活用度合いを高めている三城ホールディングス。現在はPOSアプリの導入を段階的に進めるなど、iPadによる「接客の質の向上」をさらに進めている。一人一人が接客にiPadを最大限活用するのはなぜなのか。その答えは、社内文化に則したiPadの配備にある。

    read more

  • 2016.03.21

    なぜ全角と半角のトラブルが絶えないのか?

    通販サイトの申し込みフォームなどを入力するときによくあるのが、「番地の入力は全角」「郵便番号は半角」といった全角と半角の指定だ。これで入力エラーが出てイライラした経験がある人もいるだろう。なぜいまだに全角半角問題は放置されているのか。これが今回の疑問だ。

    read more

  • 2016.03.20

    iPadは接客と技術を高める美容師の新しい武器

    大手美容室ピーク・ア・ブーでは、iPadを導入することで顧客満足度を上げることに成功している。仕上がりイメージを撮影し、電子カルテに保存することで、顧客の要望を引き出せるようになったからだ。iPadは顧客とのコミュニケーションを密にし、接客と施術の技術を高める美容師の新しい道具である。

    read more

  • 2016.03.13

    日本人、外国人すべてのお客様のためのインバウンド対応

    ブライダルジュエリー専門店「アイプリモ」は、iPadで利用可能な「テレビde通訳」サービスを導入している。この狙いは、増加する訪日外国人へ対応するためだけではない。ブライダルジュエリー専門店として大事にしているのは、接客の質全体を向上することだ。

    read more

  • 2016.02.22

    Casper Suiteが問いかける「IT管理者の本来の仕事」

    DEPと組み合わせることで「ゼロタッチキッティング」が可能になるキャスパースイート。日本でも導入する企業、教育機関が増え始めている中、株式会社ロボットの導入事例は、情報システム担当者とエンドユーザの両者が"本来の業務"に集中できる環境を見せてくれる。

    read more

  • 2016.02.17

    イノベーションとは「技術革新」のことなのか?

    イノベーションは「技術革新」と訳されることが多い。しかし、インターネットが出現する前と後の時代では、あらゆることに対する考え方を改めなければならなくなっている。果たしてイノベーションとは本当に技術革新のことなのだろうか。これが今回の疑問だ。

    read more

  • 2016.01.26

    アップルはこれからの10年をどう変えるのか?

    この時期になると「この1年を振り返る、来年はどうなる」という記事を見るが、面白くない。だったら、こちらは「この10年を振り返る」をやってみたい。なぜなら、初代iPhoneが発表されたのは2007年1月。ほぼ10年になるからだ。アップルはこの10年をどう変えた? これからの10年をどう変える? これが今回の疑問だ。

    read more

ページトップへ