Command+Eye

世界中のアクセサリメーカーとアーティストが大集結!

作り手たちのこだわりが爆発したiPhoneケース展 2018

文●山田昇

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

9月22日から24日までの3日間、横浜赤レンガ倉庫で「iPhoneケース展 2018」が開催された。iPhoneケース展は毎年行われているiPhoneアートイベントで、今年も世界中のメーカーやアーティストが参加。ユニークなオリジナル作品が目白押しだった同イベントをレポートする。

 

iPhoneで個性を表現

皆さんは、普段iPhoneにどんなケースを着けているだろうか。色や形、素材、機能などの要素を考慮して、飽きのこないシンプルな1着を身につける。本誌読者にはそんな人も多いのかもしれない。

「iPhoneケース展」は、今年で8年目を迎える日本最大のiPhoneアートイベントだ。年に1度開催されており、今年は9月22日から3日間に渡って横浜赤レンガ倉庫で行われた。国内外のメーカーによる出展はもちろん、毎回100人を超えるアーティストが「ここでしか買えない世界で1つのオリジナルiPhoneケース」を展示している。

会場に足を踏み入れると、そこにはバラエティ豊かなケースが所狭しと並んでいた。実用性を度外視した芸術的なものもあれば、カメラ機能に特化したもの、こだわりの素材を使ったのものなど色とりどりだ。

今やiPhoneは、ユーザと常に共にある身体の一部のような存在。それを包み込むケースは、個性を演出するのに最適な“キャンバス”であるともいえる。これからは、気分や目的に合わせて複数のケースを使い分けてもいいかもしれない。iPhoneケース展は、そう思わせてくれる刺激的で楽しいイベントだった。

 

 

  • d7ceda1d44a5d237580074adf9824ecf.jpg

台湾のn.max.nは、イタリアン高級レザーの滑らかな質感と、手で縫い上げられたステッチが特徴のiPhoneケースを展示していた。製品はすべてシリアルナンバー入りで、徹底した品質管理のもと製造を行っているそうだ。

 

 

  • 833bedf256805a9034df9b4207acf9e4.jpg

グレイスリンクス・エンタープライズが、iPhone用のレンズシステム「ShitCam 2.0」の展示を行っていた。レンズがケースと一体化しているShitCam 2.0ベースキットに加え、大口径ガラスレンズを採用したプロレンズもラインアップしている。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧