Command+Eye

Apple Watch Series 4とSiriショートカットに見る

Appleが徹底する「情報デザイン」の仕掛け

文●松村太郎

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Appleは9月、iPhone XSとApple Watch Series 4をリリースし、これに先立ってそれぞれの最新ソフトウェアも公開した。これらの中でAppleはさまざまな新しい取り組みを行っている。今回は「情報デザイン」の観点から、Appleのこだわりに迫ろう。

 

新しい情報デザインの手法

アップルは2014年以降、毎年9月にiPhoneとアップルウォッチを刷新しており、今年も例年どおり新製品発表が行われた。iPhoneはXS/XS Max/XRを発表し、オールスクリーンという新しいデザインへと進化。アップルウォッチは新しいシリーズ4で初めてデザインを刷新し、30%以上の画面サイズ拡大や通話環境の改善などに取り組んだ。

そうした動きの中で着目したいのは、ずばり「情報デザイン」だ。人々にどのように情報に触れ、情報を扱ってもらうのか、というアップルの設計思想がにじみ出る領域である。2018年に発表されたアップルの新製品やソフトウェアからは、アップルが細部にまでこだわる「情報に触れる感覚」と、人工知能を活かした新しい「情報体験」を感じ取ることができる。

 

  • 91c15a5a7573fa589d772520747ef61e.jpg

Apple Watch Series 4

【発売】アップルジャパン
【価格】4万5800円(税別)から

第4世代のApple Watchは、デザインを一新し、より細くなった縁とカーブしたコーナーを持つ美しいディスプレイを搭載。また、コンプリケーション(文字盤に表示するアイコン)が美しく改良され、より多くの情報を表示できるようになった。アプリケーションのアイコン、ボタン、フォントは前世代より大きくなり、一目で認識しやすく、タップしやすくもなっている。

 

 

丸みを帯びる腕時計

アップルウォッチは2014年の登場以来、四角いスクリーンを艶やかに湾曲するガラスとメタルで包み込むデザインを採用してきた。一般的な腕時計のように有機ELディスプレイを丸くすることは技術的に可能だったが、それでは腕時計とは異なる存在として、アップルウォッチを際立たせることができない。長い歴史を持つ腕時計に敬意を払いつつ、直接的な比較や競争を避けようとしたのだろう。2017年には腕時計市場でもっとも多くの売上高を記録したアップルウォッチ。その結果を鑑みると、アップルの戦略は現段階では成功したといえる。

デザインが刷新されたシリーズ4でも、丸いディスプレイは採用されることはなかった。その代わりに取り入れたのは、iPhoneの意匠であった。ディスプレイの縁を極限まで細くし、角は丸く削り、ケース本体のシェイプと一続きにする。これはiPhone XSのオールスクリーンと同じコンセプトであり、デザイン上の共通点がある。

デザイン変更は、文字盤にも及ぶ。アップルウォッチ・シリーズ4とウォッチOS5の組み合わせでのみ利用できるアイコニックな文字盤「インフォグラフ」は、最大8つのコンプリケーション(文字盤に表示するアイコン)を配置することができる。これまで複数の文字盤を作って用途に応じて切り替えながら使っていたユーザは、ひとつのフェイスで必要な情報をすべて見られるようになるなど、利便性が高まる。

それ以上に印象的なのが、文字盤上のカラフルなグラフによる表現の採用だ。ウォッチOS内蔵アプリのコンプリケーションは再設計され、アイコンと文字、文字とグラフといった組み合わせでの情報表示に対応した。四隅に配置されたコンプリケーションは、中央の文字盤の弧に沿うようにグラフが表示される仕組みとなった。視覚が基本のスクリーンでありながら丸まった角を意識させるようなグリッドとなり、視認性も高い。ダイバーズウォッチが持つ、複雑な情報と一覧性を両立する機能美をアップルウォッチで取り込むために、アップルのデザインチームは時計の伝統と情報デザインを融合させ、この新しいインフォグラフフェイスを作り上げたのだ。

さらに、ディスプレイの角が丸められたことを受けて、タイプフェイスも従来より始筆・終筆が角張っていない派生フォントを採用。またインターフェイスに現れるボタンは、これまでの角丸の四角形から、左右の短辺が完全に弧を描く形状に変更されている。

 

 

  • 00c955f5a1f520f6ff32c1e3ce5ab6c7.jpg
  • c47e85d1ffecc8ecadca1a7184aa6932.jpg

Series 4ではシステムフォントが従来の「San Francisco」(画像上)から、「San Francisco Rounded」(画像下)という丸みを帯びた書体に変更された。また、インターフェイスに現れるボタンは、これまで角丸の四角形だったが、Series 4では左右の短辺が完全に弧を描く形状に変更されている。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧