MY FOCUS

日本の伝統と最先端テクノロジーが織り成すApple Store京都の「美」

文●編集部

Creation & Innovation ヒト・モノ・コト

町の景観に馴染むストア

2018年8月25日に、国内9店舗目となるアップルの直営店「アップル京都」がオープンした。

観光地としても名高い京都・四条通りにあるアップル京都は、サンフランシスコにあるアップル・ユニオンスクエアや今年の春にオープンしたアップル新宿などと同じ「タウンスクエア型(広場型)」というコンセプトを持つストアだ。それぞれの街に溶け込むようにデザインされるタウンスクエア型だが、アップル京都の建築デザインにおいても、店内の随所に“京都らしさ”が散りばめられている。

1階部分はガラス張りで、これまでのアップルストアのデザインを踏襲しているが、2階部分の壁には薄く透けた建具を採用。店内の明かりが灯ると、まるでストア全体が「行灯」のような佇まいとなる。また、壁は漆喰でできており、ファサード(建物の正面)部分は日本の伝統的な木造家屋と障子をイメージしてデザインされている。ファサード部分をよく見ると、格子と和紙を思わせる素材を使っており、アップルのストアへのこだわりが垣間見える。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧