便利技 他人事Tips

iPhoneのデータ通信量を節約しよう

文●今淳一

iPhoneを使いすぎていると、キャリアの通信制限がかかってしまうことがあります。設定を見直して、データ通信量を節約しましょう。

iPhoneはとても便利です。しかし、高速なモバイルデータ通信が可能になった分、気軽に大容量データをやりとりできてしまいます。そのため、ついつい使い過ぎて余分にお金がかかってしまったり、通信制限がかかってしまうこともあります。今回は、そんなiPhoneのデータ通信量を節約するための設定を紹介します。
ポイントは、いかにして大容量通信をWi-Fi環境時の使用に限るか、ということです。



まずは「設定」アプリから、[モバイル通信]を見てみましょう。ここで、データ通信容量を食いそうなアプリ(動画再生アプリなど)を、必要に応じてオフにしましょう。もちろん、モバイル時に見たい場合はオンのままにしておく必要がありますが、その場合はアプリ側の設定で画質を落とすなどの個別対策をしておくことをオススメします。ただ、[モバイル通信]でオフにしておくと「Wi-Fiネットワークに繋いでいるつもりで動画を見てしまった」という手痛い事故を防げます。

また、[Wi-Fiアシスト]の設定はオフにするのがおすすめです。これが有効だと、Wi-Fiの調子が悪いときにモバイルデータ通信を使ってしまうので、データ通信量が気になる場合に安心してWi-Fiネットワークを使えなくなってしまいます。



あとは[iTunes StoreとApp Store]で[モバイルデータ通信]をオフに、また[一般]→[Appのバックグラウンド更新]で[Appのバックグラウンド更新]を[Wi-Fi]に設定しておきましょう。自動ダウンロードや自動更新は便利であるものの、ややもすると知らないうちに大量のデータ通信を発生させてしまう場合があります。ここはWi-Fi接続時に限るように設定しておくべきでしょう。

ちょっとWEBやSNSを見る、ニュースを見る、といった程度ならば、動画にさえ気をつければそれほどの通信は発生しないと思います。ただし、最近のゲームなど、動画広告をガンガン挟んでくるようなものは危険なので、その点には注意しましょう。



おすすめの記事一覧