便利技 他人事Tips

iOS 12の「計測」アプリで長さを測る

文●今淳一

最新のiOS 12では、iPhoneのカメラを通して対象物のサイズを測れる「計測」アプリが追加されました。実際に使い方を見ていきましょう。

AR(拡張現実)は、Appleが近年ますます力を入れている分野です。最新のiOS 12では、ARを応用した「計測」アプリが追加されました。これを使うと、カメラを用いてさまざまな物のサイズを測ることができます。



アプリを起動するとこのようなメッセージが表示され、iPhoneをしばらく動かす必要があります。準備が終わったら、計測を開始する点を[+]ボタンを押して指定し、ラインを引いてもう1度押すイメージで計測しましょう。近すぎても遠すぎても上手く測れないのですが、うまくいけばかなり正確に測れます。



またこのように、「メモ」アプリで書類を認識するような感じで、四角い物はそのまま認識可能です。ここでやはり[+]ボタンを押せば、面積も含めてサイズが出ます。今回使ったA4用紙のサイズは210ミリ×297ミリであるため、かなり正確な数字が出ているといえるでしょう。

計測結果は[+]ボタンの隣にあるシャッターボタンで写真として保存することもできます。家電のサイズなどを計測して保存しておけば、より大型の物に新しく買い換える場合などに重宝すると思います。ぜひ活用しましょう。



おすすめの記事一覧