アラカルト アップルのミカタ

注目プロダクトのコダワリを知る

フォーカルポイントの新製品をチェック!

文●栗原亮

アップル製品を手厚くサポートするハード&ソフトメーカーの新製品について担当者に直撃!

MacBookユーザに最適!USB-Cを拡張する“多芸多才な”万能Dock「ALMIGHTY DOCKシリーズ」

  • nasfdjkhasy637bgawt8q7ew.jpg

【発売】フォーカルポイント株式会社
【URL】http://www.focal.co.jp

 

新製品の魅力を写真でパシャリ─taken by FOCAL POINT

  • 5d580278a345d719401befb797e4015a.jpg

小型コンパクトタイプも

超小型でコンパクトなALMIGHTY DOCK CM1は、USB-Aを2ポート、SDカードスロット、micro SDカードスロットをそれぞれ1つ、電源供給のUSB-Cポートを1つ搭載。44グラムと軽量で持ち運びに便利。

 

  • 00c5d920afcfcaae6d66e85d940b9eac.jpg

あらゆるものに接続可能

ALMIGHTY DOCK C1は、USB-Aを3ポート、HDMIを1ポート、Ethernetを1ポート、SDカードスロットとmicro SDカードスロットをそれぞれ1つ、電源供給のUSB-Cポートを1つ搭載。まさに万能なDockだ。

 

  • fc6096783c03de09ef329e0ff6ef9e3f.jpg

Macと一緒に持ち歩こう

MacBook 12インチや最新のMacBook Proに採用されているUSB-Cコネクタを手軽に拡張することができる。出張や旅行先などにMacと持ち歩けば、これ1つでさまざまな用途に対応できる。

 

 

常にアップルユーザ視点で

MF●横浜の新オフィスに初めてお伺いしました。広くて機能的でありながら、フォーカルポイントさんらしい遊び心のあるインテリアもあって楽しい雰囲気ですね。この場所を選んだ理由は何ですか?

石川●以前はオフィス部門と物流の拠点が別々だったのですが、移転を機にそれらを統合してワンストップでサービスを効率的に提供できる体制を整えました。そのために適した立地が横浜だったのです。オフィス内におすすめのガジェット紹介などを動画で配信できるスタジオも開設したばかりです。

MF●それはすごいですね。昔ながらのアップルユーザからすると、フォーカルポイントさんはiOSデバイスを中心としたアップル周辺アクセサリはもちろん、映像と音声機器にも強い印象があります。アップルユーザとして「これ、欲しい!」と心から思える製品を多数リリースしてくれますよね。

石川●ありがとうございます。私自身も大のアップルユーザですし、社長はじめ会社は本当にアップル愛に溢れています。私自身はまだ入社して日が浅いのですが、フォーカルポイントとしての“原点”を今一度意識し、スタッフ一丸となってさらに頑張っていきたいと思います。

MF●今一番力を入れているグッズ、もしくは製品のカテゴリは何でしょうか。

石川●今ですと電源や充電などパワーサプライ系のアイテムに力を入れています。

MF●モバイルバッテリやワイヤレス充電、ケーブル類でしょうか?

石川●iPhoneユーザにはそうですし、MacユーザであればUSB−PD(パワーデリバリー)に対応したアイテムが該当します。特にMacBook/MacBookプロユーザにおすすめなのが、チューンウェア(TUNEWEAR)ブランドの「オールマイティドック(ALMIGHTY DOCK)」です。USB−Cポートに接続して各種インターフェイスを増設できるドック製品で、仕様の異なる6種類のラインアップがあります。

MF●一押しはどれですか?

石川●最新の「C2」があれば、日常的に使うほとんどのインターフェイスに変換できます。USBタイプAが2ポート、テレビやプロジェクタにつなげるHDMI、一眼レフカメラやアクションカムなどからの読み込みに便利なSDカードとマイクロSDカードスロット、有線LAN、それと法人ユーザからの要望が多かったミニディスプレイポートを新たに搭載して7種類のインターフェイスに変換できるようになりました。

MF●こちらのC2は48Wのパワーデリバリーに対応していますから、同時に複数の周辺機器を接続しても問題ないですね。これ1つあれば出張時でもたいていのシチュエーションに対応できそうです。一方で、ここまで豊富な種類のインターフェイスを必要としないユーザもいるのでは?

石川●その場合は、USBタイプAとSDカード/マイクロSDカードに対応する「CM1」と、USBタイプAとHDMIを装備した「CM2」がおすすめです。

 

Apple愛に溢れた製品をこれからもご期待ください

  • 92299eb27f6e8fa7995ba7eb479fc13a.jpg

フォーカルポイント株式会社
営業部 部長

石川うららさん

 

 

 

おすすめの「弁当箱」

MF●先ほどからそちらのお弁当箱のようなケースが気になっているのですが…。

石川●こちらは「ベントウ・スタック(BentoStack)」というアップルアクセサリの収納ケースです。名前からわかるようにお弁当箱のようなデザインで、上下2段でスタックできて内部のトレイも合わせると4層に分けられます。アップルペンシルやアップルウォッチのバンド、エアポッズ(AirPods)、MacBook用電源アダプタ、USB電源アダプタ、ライトニングケーブルといった10種類のアクセサリをきれいに収納できます。

MF●これはまさにアップル好きに最適ですね。

石川●iPhoneにマッチする3種類のカラーリングも用意されていて、約390グラムと軽いので女性でも鞄に入れてスマートに持ち運べます。

MF●大小のシリコンバンドが付いてきて、1段のみでも使える点もよく考えられています。

石川●テンワンデザイン(Ten One Design)というメーカーの「マウンティプラス(Mountie+)」もアップル好きにはたまらない製品ですよ。これはディスプレイマウントといって、MacBookやMac Bookプロのディスプレイ面に、iPadやiPhoneなど各種タブレットやスマートフォンを簡単に取り付けることができるものです。モバイル環境でも手軽にマルチディスプレイ環境が構築できるので、作業の効率化が図れます。

MF●本体にライトニングケーブルを通す穴があるので、充電しながら使えるのが便利ですね。

石川●アップル製品向けとしては、ほかにもACアダプタのプラグを横向きに変換する「ブロックヘッド(Blockhead)」や、モーフィー(mophie)製のワイヤレス充電ベースなどもおすすめです。あと、オーディオ関連ではアフターショックス(AfterShokz)社のブルートゥース骨伝導ヘッドフォン「TREKZ AIR」の新色も登場しました。

MF●いずれもアップル製品と一緒に使うと便利で快適、デザインの親和性が高いものばかりですね。これからもアップル好きの心を捉えるアイテムを楽しみにしています。

 

Appleアクセサリをきれいに収納

  • 4056988e4fa5e9f6c5451e01d1fd6984.jpg
  • 39124dd756a7f2c21c3a40fde44532d7.jpg

「BentoStack」は、日本の伝統的な弁当箱をモチーフにしたAppleアクセサリ収納ケース。最大10種類のAppleアクセサリをピッタリと収納し、積み重ねて整理できる。本体サイズは、約185mm(W)×80mm(H)×85mm(D)。カラバリはローズゴールド、シルバー、スペースグレーの3種類で、Apple製品との親和性も極めて高い。

 

うれしい機能が満載の充電器

  • 9a65efb8f5b3bf7350357d00d0989d1f.jpg

最新のQiワイヤレス規格に対応した充電ベース「mophie wireless charging base」は、iPhone 8/8 Plus/X/XS/XS Max/XRといった最新のAppleデバイスで7.5Wの急速ワイヤレス充電に対応する(Androidでは5W充電)。機能面もさることながら、デバイスが滑ることなく置ける360度のラバー仕上げ、過充電や異物検知保護機能などユーザの使い勝手や安全性への配慮が行き届いている。

 

ACアダプタも拡張しよう

  • ea644d3964f8d1646d945dc32c02d24f.jpg

MacBookやiPadに付属するACアダプタは、コンセントの設置状況や家具の配置によってはうまく電源プラグを挿せない場合がある。「Ten One Design Blockhead」はこの電源プラグ部分を交換して、ACアダプタをコンセントに平行して取り付けられる。Appleユーザのニーズを知り尽くした、アイデアグッズだ。

 

モバイルでも広々ディスプレイ

  • ba2ed353bbc48f9febc58fbfe609361a.jpg

「Ten One Design Mountie+」はMacBookのベゼルにiPadやiPhoneを取り付けられるマウンタ。複数のディスプレイを並べて利用したり、USB - LightningケーブルでMacと接続して「Duet Display」を利用した拡張デスクトップとしても使える。

 

4K配信可能な社内スタジオを運用開始!

フォーカルポイント本社オフィスには、Blackmagic Designのシネマカメラなどを利用した複数視点の映像スイッチング装置や4K解像度でのオンライン配信に対応したプロ仕様の映像収録スタジオが設置されている。8月からは同社で取り扱うApple周辺グッズやガジェットの最新情報を紹介する「FOCAPO TV」の配信を開始した。Apple好きなユーザとの距離を近づける新たなコミュニケーションの取り組みとして注目される。

  • 33daeb261a5e60be296fb219506e6283.jpg


同カテゴリ記事一覧