レクチャー となりのアプリ

MISUMI(大槻水澄)

音楽と生きるボーカリストは「VisualAudio」で声の周波数を可視化

文●美崎栄一郎

「iPhone/iPadバカ」でも知られるビジネス書作家・美崎栄一郎氏が、著名人のiPhoneの中身を覗き見!

 

  • 97545e98edfe525eaddae71d202d8c17.jpg

 

見せる人/MISUMI(大槻水澄)

有名アーティストやビジネスパーソンにボイストレーニングを提供するマジカルトレーニングラボ主宰。サントリー、資生堂、花王などのCMをはじめ、500曲以上のレコーディングに参加してきたボーカリストでもある。昭和音楽大学非常勤講師。BS日テレ「Hot-Dog PRESS TV」「EBIDANアミーゴ」出演。【URL】http://magicaltraininglab.com/

 

  • 704eaf999548b711f2b4f7174696509e.jpg

MISUMIさんのiPhoneインストールされているアプリ VisualAudio Real Time Audio Spectrum Analyzer/VocalPitchMonitor /耳コピプレーヤー Slow Player/SoundHound/AVR PRO

 

 

声を自由自在に操る

今回のゲストは、ボーカリストとして活躍しているMISUMIさん。今はバンドのボーカルとしてだけではなく、マジカルトレーニングラボ株式会社の代表として、アーティストやビジネスパーソンなどに声の操り方を教える仕事もしています。

実はMISUMIさん、当初はボイストレーナーになるつもりはまったくなかったのだとか。知り合いに頼まれるうちに、自身が実感している声に関するマニアックな知識やコツ、それを伝える仕事にハマり出したそうなのです。

MISUMIさんは学生時代から、歌がうまいと言われるアーティストのアルバムを毎日のように真似して歌っていたそうです。曲をじっくり聴いて、同じような音が出るまで歌ってみる。たとえば、チャカ・カーンのアルバムを毎日1枚分1年間コピーし続けたのだとか。その音が出るように工夫しているうちに、最終的にはまるでチャカ・カーンのように上手になっていったそうです。

文字だけで伝えるのは非常に難しいのですが、MISUMIさんは、さまざまな人の声色を即座に真似することができます。それが、モノマネ芸人顔負けのクオリティ。びっくりするのは、〝関西人風〟とか〝おばちゃん風〟のように、一般人の真似まで特徴を捉えてその場で再現してしまうこと。MISUMIさんはビジネスパーソン向けのボイストレーニングもやっているので、声に自信のない人は実際に体験してみてください。対談中に編集者さんとカメラマンさんという、普段話すことが比較的少ない職業の人に対して「職業病」だとレッスンが始まったときには笑いましたが…(笑)。ユーチューブにもMISUMIさんによるおもしろい企画動画もありますので、それもぜひ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧