便利技 他人事Tips

iPhoneの「メモ」用写真を素早く撮影する

文●今淳一

ちょっとした記録に便利なiPhoneの「メモ」アプリですが、あるテクニックを使えばさらに手早くメモを取ることができます。その方法を紹介しましょう。

簡単な記録から項目のチェックリスト化、注釈付加や紙の書類の取り込みまで、便利で応用の利くiPhoneの「メモ」アプリ。実は、3D Touchを使ってクイックアクションを呼び出すことで、より手早く作業を実行できるんです。



「メモ」アプリのアイコンを強く押し込むと、このように[新規メモ][新規チェックリスト][新規写真][新規スケッチ]と項目が表示され、それぞれをタップすると新しくメモを作成できます。また、下部の表示から直近で使ったメモにもアクセス可能です。今回は、この中から「新規写真」に注目してみましょう。




[新規写真]をクイックアクションから選択すると、写真の撮影画面になります。撮影した写真はそのまま新しいメモに添付される形で作成されるので、さっと写真を撮ってメモ書きして残す、という流れをとてもスムースに実行できます。回りくどい操作を挟まないというのは魅力的ですよね。
惜しむらくは、この方法で撮影できるのは通常の写真のみで、書類のスキャン機能は使えないこと。ともあれ、これだけでも便利なのでぜひ使ってみてください。



おすすめの記事一覧