プロダクト&リリース その他

【特選Macソフト】不要なソフトを関連ファイルごときれいに削除!

文●早川厚志

Macのストレージを確保したいときは、この「Delete Apps」を使って不要なソフトを関連ファイルごとまとめて削除するのがおすすめです。

Macのストレージ容量が残り少なくなったときは、使わなくなったソフトを削除(アンインストール)するのも1つの方法です。その際、ソフト本体のアイコンをゴミ箱に入れるだけでは、自動生成されたキャッシュやログ、設定ファイルなどの関連ファイルがそのまま残ってしまいます。

Delete Apps

【開発】FIPLAB Ltd
【価格】無料
【カテゴリ】Mac App Store>ユーティリティ

  • 1-0)Delete_Apps_icon.png


  • 1-1)Delete_Apps.jpg

「Delete Apps」は、削除したいソフトの関連ファイルを自動的に見つけ出し、完全に削除できるソフトです。起動すると表示されるウインドウから、「アプリケーション」と「ホーム」の両フォルダを指定するとスキャンが開始し、インストールされているソフトがリストアップされます。削除したいソフトにチェックを入れて[Details]ボタンをクリックすると、ソフト本体や関連ファイルがリストアップされ、それぞれの容量を確認できます。

その後、右下の[Next]→[Clean]ボタンをクリックすると、ソフトを関連ファイルごと削除できます。もし削除できない項目が表示された場合は、[Show in Finder]ボタンをクリックしてFinderで表示し、項目を選択後[command]+[delete]キーを押して削除しましょう。