Command+Eye

バタフライ構造の欠陥をついにAppleが認める

問題のMacBookのキーボードはApple無償修理で直るのか?

文●栗原亮

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

本誌2018年1月号で報じたように、バタフライ構造のキーボードで正常にキーが入力できないトラブルが多くのユーザを悩ませてきた。米国では集団訴訟にまで発展した問題に対してAppleがついに無償の修理プログラムを発表した。

 

ようやく無償修理対応

昨年末ごろより、MacBookやMacBookプロの一部のキーが正しく入力されないといった声がユーザから多く上がるようになっていた。この問題は米国のテック業界で大きく取り上げられ、同じキーが続けて入力されてしまう様子の動画が公開されたり、著名なライターが修理を依頼したところ約700ドル(約7万9000円)のパーツ交換費用を請求されたことを明らかにしたりと大いに物議を醸した。

ついにはMacBookシリーズに搭載されているバタフライキーボードには構造的な欠陥があり、保証期間にも関わらずこれを認めなかったのは不当であると、アップルに対して集団訴訟が2018年5月に行われるに至った。オンライン署名サイトの「Change.org」で製品リコールを求める署名が3万2000人を超えるなど(2018年7月現在)、これが一部の過激な意見でなかったことがうかがえる。折しも4月に13インチのMacBookプロ(タッチバー非搭載)の一部でコンポーネント不具合によるバッテリ交換プログラムが発表されたことも重なり、アップルの品質管理のレベルを疑う声すら上がり始めていた。

もちろんアップルもこれを放置していたわけではなく、6月22日(現地時間)に「MacBookおよびMacBookプロキーボード修理プログラム」において該当するモデルは無償の修理対象となることを発表した。

この修理プログラムの内容を読むと、確認されたキーの症状として「文字が勝手に反復入力される」「文字が表示されない」「押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押したときの反応が一定しない」の3つが挙げられていて、第1世代と第2世代のバタフライキーボードを搭載したすべてのモデルが対象だ。対象が2015年のMacBookから広範囲に渡っていて、アップル側は慎重な表現を選んでいるものの、バタフライキーボードの構造的な欠陥を事実上認めた形と捉えるのが妥当なところだろう。もちろん、遅きに失したとはいえ、ユーザの声を真摯に受け止めてくれた結果の対応なのでその点は素直に喜びたい。

 

 

  • ce2_01.jpg

2015年モデル以降のMacBookおよび2016年モデル以降の一部のMacBook Proで正常なキー入力がなされない現象が確認されたとして、「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」が発表され、対象モデルの無償修理へと踏み切った。【URL】https://www.apple.com/jp/support/keyboard-service-program-for-macbook-and-macbook-pro/

 

 

  • MF201809_088-089_P.jpg

修理の対象となったモデルの一覧。これ以外のモデルは修理プログラム の対象とならない。共通しているのは第1世代および第2世代のバタフラ イキーボード搭載モデルで、実質的に構造の不具合を認めた格好となる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧