Command+Eye

上達するために「機能」を学ぶ時代は終わった?

iPhoneでもっと上手に撮影! Appleから学ぶヒントとテク

文●氷川りそな

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

iPhoneが発売されて早10年。この間に世に与えた影響は数多くあるが、その中には「写真を撮る」という行為を身近にしたという大きな功績が含まれるのは間違いない。成熟期を迎えつつある今、その流れはコンテンツ側にも影響を与え新たなターニングポイントを迎えつつある。その事例を紹介していこう。

 

写真を撮るアイデアを提案

写真を上手に撮るテクニック、というのはなかなか身につけるのが難しいものだ。これは本誌で幾度となく取り上げているテーマであり、ほかのメディアでも多数紹介されているが、それだけ多くの人たちがよりよい写真を撮りたいというニーズを持つようになっている証左でもある。

そんな中、ある記事がちょっとした話題になっている。「iPhoneで撮影する方法(How to shoot on iPhone)」と題されたそれは、アップルの公式サイトに掲載されているコンテンツだ。製品を販売する企業サイトでは、FAQ(よくある質問)や技術情報といったサポート記事が用意されることはよくある。しかし、実際の使い方、しかも一部の機能だけに特化してスペシャルコンテンツを用意するというはあまり例のないことだ。

興味深いのは、そのコンテンツの中身にもある。「パノラマで撮影する方法」「逆光を活かして撮影する方法」など、「こんな写真を撮りたい」という作例に合わせて必要なテクニックがまとめられていて、30秒程度のショートムービー仕立てになっている。紹介されているのは決して特別なテクニックではなく、初心者でも挑戦できそうなハードルの低いものばかりだ。

また、それぞれの作例も単に「撮っただけ」ではなく、ちょっとした工夫やアイデアを使ったクリエイティビティを感じさせる仕上がりになっている。その機能を使ったことがない人はもちろん、すでに知っていた人でも「こんな使い方があるのか」と思わず試したくなる、アップルらしいセンスある提案になっているのだ。

該当サイトには現在30以上のコンテンツがあり、さまざまな流行にも対応しながら、その数は日々増え続けている。アップルストアの人気ワークショップ「トゥデイ・アット・アップル(Today at Apple)」でも写真関連のワークショップが増えていることを考えると、このページは今後も継続的に拡充されていくことが予想できる。

 

 

  • ce1-1.jpg

Apple公式サイトが公開している「iPhoneで撮影する方法」【URL】https://www. apple.com/jp/iphone/ photography-how-to/

 

 

機能を使うには理由がある

このように作例を主題にしてテクニックを解説する記事は、アップル以外にも増える傾向にあるようだ。ガジェット・ハック(Gadget Hacks)に公開された「iPhoneでより上手に花火を撮る方法(Take Better Freworks Photos with Your iPhone)」はその好例だろう。花火の写真をたくさん撮っても、綺麗な写真が1枚もなかった…という経験は筆者にもあるが、そもそもこのシチュエーションというのは難易度が高く、カメラ愛好家やプロでもそれなりの事前知識と準備、そしてテクニックを要する。

だがこの記事では、そんな花火撮影の高いハードルを下げるさまざまなテクニックと要素を、機能ごとにステップを踏んで紹介している。フラッシュやデジタルズームは使わないといった基本的な約束事から始まって、AF(オートフォーカス)のロック、露出(明るさ)の調整、HDR(ハイダイナミックレンジ)モードの使い方などを、「その機能が必要な理由」を交えながら、図版とともにわかりやすく説明してくれている。

さらに筆者が興味深かったのは、撮影モードの提案だ。「とにかくたくさん撮る(Take lots of Photos)」という見出しだけではずいぶんラフな言い方に聞こえるが、花火は瞬間の芸術であり、またこちらの準備を待ってくれないことを考えれば、失敗を恐れず多くトライするというのは合理的なアプローチといえるだろう。

加えて、記事ではバーストモードによる連写や、ビデオに切り替えての撮影も提案している。どちらも「最高の1枚はあとから見つければいい」という発想だが、これらは従来のカメラだとかなりの高級機や高品質な記録メディアでなければ実現できなかったテクニックであり、あらためてiPhoneで撮る優位性に気づかされた部分でもある。

さらに記事では手ブレを防ぐためのテクニックや、サードパーティ製アプリの活用法にまで言及しており、かなりボリュームのある内容になっている。アップル公式サイトのアプローチとは異なる視点ではあるものの、「花火を撮りたい」という作例のニーズが明確なあたりは、読み手のモチベーションを高める意味で共通性を感じるところがあるだろう。

 

 

  • ce1-2.jpg

アメリカの情報サイト「Gadget Hacks」が公開した「iPhoneでより上手に花火を撮る方法」【URL】https://ios.gadgethacks.com/how-to/take-better-fireworks-photos-with-your-iphone-0185690/




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧