便利技 他人事Tips

iPhoneの「ファイル」アプリから書類を印刷する

文●今淳一

書類の印刷はMacから行う人が多いと思いますが、プリンタが「AirPrint」機能に対応していれば、iOSデバイスからでもWi-Fiネットワーク経由で書類を印刷できます。具体的な方法を見ていきましょう。

昔に比べればずいぶん減ったのでしょうが、今でもプリントアウトした紙の書類が必要になることは多々あります。そこで覚えておくと役立つのが「AirPrint」機能です。対応プリンタがある前提になりますが、iOSデバイスから書類を印刷できるとても便利な機能です。今回はiPhoneの「ファイル」アプリから書類を印刷する例を紹介します。



大前提として、iOSデバイスとAirPrint対応プリンタが同一のWi-Fiネットワーク上にある必要があります。それを確認したら、対象の書類を「ファイル」アプリで開き、左下の「共有」ボタンをタップしましょう。



共有方法がずらりと並ぶ中、下段に「プリント」というアイコンがあるので、これを選択します。



あとは使用するプリンタを選択し、必要に応じて部数やオプション(プリンタによる)を設定して、右上の[プリント]をタップするだけです。

オフィスにおいて、自席と共用プリンタの位置が遠かったりすると、何度も行ったり来たりする羽目になることがありますよね。そんなときにiPhoneから印刷できると余計な手間を減らせるので、使っているプリンタがAirPrint対応かどうかは調べておくといいでしょう。
 



おすすめの記事一覧