MY FOCUS

Appleが発信し始めた 「実りある豊かな生活」という理念

文●永川りそな

Creation & Innovation ヒト・モノ・コト

社を飛び出したフレーズ

アップルの企業理念を表す代表的な言葉に「テクノロジーとリベラルアーツの交差点」がある。これは先代のCEO、故スティーブ・ジョブズが好んで用いたフレーズのひとつで、単に技術を追いかけるだけでなく、豊かな教養に基づいた哲学も存在するのがアップルという企業であることを言い表したものだ。

今でも事あるごとにアップルはこの言葉を発信し続けているが、今年のWWDCの「Platform State of the Union」というセッションでは、新たなメッセージが開発者向けに伝えられた。それが「実りある豊かな生活(Enriching lives)」である。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧