Command+Eye

MF411P112P113_TOPICS04_G

Apple Design Awardsに見るデザインという言葉の意味

文●小平淳一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

優れたアプリ/ソフトの数々が表彰されるApple Design Awardsの受賞式は、WWDC(世界開発者会議)に欠かせない注目トピックの1つだ。今年表彰された10作品を見ていくと、「Design Awards」の名に込められた意味が浮かび上がってくる。

 

誰にとっても注目のイベント

6月4日(現地時間)に開催されたWWDC(世界開発者会議)2018。その基調講演の壇上でティム・クックCEOは、「アップストアには毎週5億人が訪れている」とアピールした。もはや世界最大のアプリマーケットであることは疑いようがないことだが、その市場を開拓したのは、アイデアと情熱を注ぎ込んで作り上げられたアプリ群とその開発者たちにほかならない。「アップル・デザインアワード(Apple Design Awards)」は、それらのアプリ群の中でも特に優れたものを選出し、栄誉を称えるセレモニーだ。表彰式はWWDCのプログラムの1つとして開催されており、今年で21年目。開発者のみならず、まだ巡り会っていない秀逸なアプリを教えてくれるという点ですべてのアップルファンにとって注目のイベントだといえる。

今年その栄誉に輝いたのは、全部で10タイトル。Mac用ソフトは1本と少なめだが、iPhone、iPad、アップルウォッチ、アップルTVと、それぞれのプラットフォームに対応するタイトルが出揃う結果となった。なお、受賞者にはキューブ型のトロフィーのほか、副賞としてiMacプロ5KとMacBookプロ15インチ、iPadプロなど、アップルの最新のハードウェアが一式授与された。

近年アップル・デザインアワードを受賞するアプリは、グラフィック面やインターフェイスデザイン、機能性、テクノロジーなど、総合的な完成度の高いものが揃っている。しかし、個々の受賞作品を実際に使ってみると、選出の理由は完成度だけに止まらないと気づかされる。

たとえば、MacとiPhone/iPadで同期できるメモアプリ「アジェンダ(Agenda)」は、アップル純正の「カレンダー」のイベントとリンクできるのが特徴だ。「A社プレゼン」といったイベントに必要なメモを紐づけておけば、当日カレンダーから素早く呼び出すといった使い方が可能になる。

純正の「カレンダー」アプリにもイベントにメモを追加する機能はあるが、それはあくまでも補助的に文章を書き添えておく程度。その点、このアプリを使えば自由に文章のスタイルを変更することも可能だし、スッキリとしたレイアウトで長い文章を書くこともできる。このアプリと「カレンダー」を組み合わせて使えば、「たっぷりとした自由記入欄があるシステム手帳」といった感覚でアップルデバイスを活用できるようになるのだ。

メモというカテゴリは、老舗のエバーノート(Evernote)をはじめ多くの強豪アプリがひしめきあう分野。そんな中、このアプリはほかとは違う着想で、メモアプリの新しい使い方、ひいてはアップルデバイスの新しい活用の形を提案している。

 

 

9f05787e4e860985036c0d2170803e8b.jpg

Appleの「Apple Design Awards」ページでは、今年の受賞タイトル一覧に加え、表彰式の様子も動画で閲覧できる。【URL】https://developer.apple.com/design/awards/

 

 

59bb81467782bf2afaa84dcdf4b523e5.jpg

WWDC 2018の基調講演では、App Storeが毎週5億人の人が訪れるアプリマーケットであり、これまで合計1000億ドルをアプリ開発者に支払っているとア




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧