レクチャー Macの媚薬

Macを3Dサラウンド化する!

文●栗原亮

Macの裏ワザ、隠しワザ、以外な活用方法など…大声では言えないとっておきの

Macのサウンド機能は 映像を楽しむにはやや物足りません。 Macからの音声を3Dサラウンド化する ソフトを使って快適に 迫力ある映像を楽しみましょう。

 

ながら視聴をもっと快適に

フールーやネットフリックスなどの動画配信サービスやiTunesによって、快適に映画が楽しめる環境が整いました。暇なときにじっくりと視聴したい場合は、アップルTVとハイビジョンテレビを利用するのが理想的ですが、忙しいときはなかなかそういうわけにもいきません。

そこで、macOSシエラ以降で採用された動画のピクチャ・イン・ピクチャ再生機能の出番。これによってiTunesはもちろん、WEB動画もフローティングウインドウを画面の隅に表示して視聴できるようになりました。

ところが、何か物足りないことに気付きました。原因はサウンドの迫力不足だったのです。もちろん、Macはパソコンとしては音質は悪くないほうですが、ハイビジョンテレビとサラウンドシステムの組み合せにはかないません。

そこで、3Dサラウンド対応のヘッドフォンを検討してみましたが、納得できそうな音質のものはどれも3万円前後となかなか高価です。なので、ソフト的になんとかできないかと探してみることにしました。

 

 

  • 1c966dfd7668cf4f0719c672421732a8.jpg

(1)3Dサラウンド対応のヘッドフォンは3万円台するものが多く、性能は申し分ないが少々ハードルが高く感じられます。写真はソニーの「WH-1000XM2B」。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧