便利技 他人事Tips

iCloudにメッセージを保管して空き容量を確保する

文●今淳一

iOS 11.4からは、iCloudにメッセージを保管できるようになりました。これを利用すれば、iPhoneの容量不足を解消できるかもしれませんよ。

iOS 11.4、およびmacOS High Sierra 10.13.5から、メッセージをiCloudに保管できるようになりました。まずは設定方法を見ていきましょう。なお、前提としてApple IDの2ファクタ認証が有効化されている必要があるので、その点にはご注意ください。



「設定」アプリの[ユーザ名]から[iCloud]へ進むと、このように「メッセージ」という項目が増えています。これをオンにするだけです。



Macの場合は、「メッセージ」ソフトの環境設定にある[アカウント]タブに「”iCloudにメッセージを保管”を有効にする」という項目があるので、これにチェックを入れましょう。システム環境設定ではないことに気をつけてください。

この設定をすることで、複数のデバイス間でメッセージの状態を同期できるようになります。それ自体も便利なことですが、添付ファイルをiCloudに一本化できるのは大きなメリットといえるでしょう。これによって、日頃からメッセージで写真を大量にやり取りしている人は、iPhoneの空き容量を大きく確保できます。ぜひご活用ください。

 



おすすめの記事一覧