SPECIAL SPECIAL

iPhoneで撮った写真から不要物を取り除く!

文●編集部

いい写真が撮れたと思ったら、知らない人物が写り込んでいた…なんてこと、よくありますよね。そんなときは、写真編集アプリを使って不要なものを消し去りましょう。



iPhoneで撮った写真を見返していると、「ここは人物が入ってないほうが絵になるなぁ」と感じることがあります。こういう場合は、写真編集アプリ「Adobe Photoshop Fix」を使って写真の中から不要物を消し去ってしまいましょう。



「Photoshop Fix」を起動したら、右上の「+」アイコンで新規プロジェクトを作成し、不要物を除去したい写真をカメラロールから選択します。画像を開いたら[修復]→[スポット修復]をタップしましょう。



スポット修復のやり方は、消したい部分をただなぞるだけ。多少はみ出る程度にざっくり塗るのがポイントです。なぞり終えると、アプリが周りの模様を解析して適切な背景に置き換えてくれます。



一部が消えずに残ってしまった場合は、対象物を再度塗りつぶしましょう。これを繰り返していくと写真が完成。誰もいない無人の風景が出来上がりました。

このように、一見高度なワザも実はiPhoneだけで実行可能です。
Mac Fan 2018年7月では、ほかにも「特定の色だけを残す」「曇り空を青空に変える」などなど、実践テクニックを紹介中。本誌を読んで、「美」レタッチを極めましょう!

●Mac Fan 2018年7月号
https://goo.gl/LKBeo2