特集

どれを選べばいいのかわからない!

メッシュWi-Fiルータの選び方を知ろう

文●今井隆小平淳一中村朝美松山茂写真●黒田彰

現行機種のメッシュWi-Fiルータを3製品紹介しましたが、これから購入する人はどれを選べばいいかで悩むことでしょう。そこで、ここではメッシュWi-Fiルータ製品の細かな違いについて解説しましょう。

スペックの差違をチェック

メッシュWi-Fiルータの外観は、白い円盤状という特徴がどれも同じです。サイズも直径120ミリ前後で、グーグルWifiだけが突出して厚いだけです。また、主なスペックを比べてみても、内部ハードウェアが同一ではないかと思うほどよく似ています。唯一、グーグルWifiのみ2.4GHz帯の速度が300Mbpsですが、実際には主に5GHz帯を利用するので問題にはなりません。イーサネットポートもすべて2ポートでギガビット対応で、性能や機能ではほとんど違いがありません。

 

 

  • 16e2d3aa2e07c52df288b5003bb4d44f.jpg
  • 6e413796bbe8896614c0c976967b5a18.jpg

メッシュWi-Fiルータの寸法を比べると、Google Wifiがもっとも細くて高さがあり、Lyra miniはもっとも薄い代わりに直径が長くなっています。Deco M5はほとんどLyra miniと同じ寸法です。

 

 

  • d6de1c3f164dd7e077422376dec545ef.jpg

メッシュWi-Fiルータの主なスペックをまとめました。3製品のハードウェアの性能はほとんど同一でした。

 

【用語解説】トライバンド

トライバンドのトライとは3という意味で、これは3つの電波同時利用できるという意味です。一般的なWi-Fiルータは、2.4GHzと5GHzのデュアルバンドですが、これは従来の11g/nと11acが同時に使えるという下位互換性を確保するためのものでした。しかし、トライバンド対応機では5GHz帯の電波を2つ使えるように、必要なハードウェアが追加されており、信号処理を行うCPUも複数搭載されて並列処理できるようになっています。簡単にいえば、鉄道の複々線化によって列車の本数が増えるようなもので、4K動画を複数ストリーミングするような環境において威力を発揮するでしょう。

  • 938de9f1f8f4fbd2acd101391a28c37.jpg

ユニークなデザインと飛び抜けた性能を持つトライバンドWi-Fiルータ。可動式アンテナでテレビや中継器に向けて通信を安定させることができます。

BUFFALO WTR-M2133HP

【開発】バッファロー
【価格】2万円程度 
【URL】http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wtr-m2133hp/




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

メッシュWi-Fiルータ製品紹介

<<

「最新ワイヤレス「メッシュWi-Fi」 のススメ」の目次