アラカルト MY FOCUS

改めて再注目されるApple Watchで睡眠分析

Mac Fanが今注目するCreative&Innovativeな「ヒト・コト・モノ」。

着けたまま眠るだけ

ウェアラブルデバイスと呼ばれる製品が世に出てきて数年が経つ。アップルもアップルウォッチ(Apple Watch)を2015年にリリースした。しかし、実際のところどれくらい日常生活で「活用できている」だろうか。

確かにアップルウォッチは、わざわざiPhoneを使うことなく、メッセージ通知の確認や返信、ハンズフリー通話、Siriを使ったタイマーやアラームのセットなどが行える。また、フィットネスに興味があればさまざまなワークアウトを記録してくれるのも大きな魅力だろう。だが、アップルウォッチの機能を満足するほどに「使い込んでいる」と、自信を持って言える人はそう多くないのが現状だ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧