プロダクト&リリース その他

【特選Macソフト】ネットワークのさまざまな情報を参照しよう

文●早川厚志

使っているネットワーク関連の情報をもっと詳しく取得したいなら、標準の「ネットワークユーティリティ」ではなく、この「Network Utility X」を使ってみましょう。

macOSには、ネットワークに関するさまざまな情報を表示したり、ネットワーク管理に役立つツールを提供する「ネットワークユーティリティ」というソフトが標準搭載されていますが、シンプル過ぎて味気ないのが難点です。

Network Utility X

【開発】Fausto Ristagno
【価格】360円
【カテゴリ】Mac App Store>開発ツール

  • 3-0)NetworkUtilityX_icon.png


  • 3-1add.jpg

この「Network Utility X」は、標準の「ネットワークユーティリティ」よりもさらに多機能なネットワーク関連の情報取得ソフトです。通知センターのウィジェット内で、ISP、SSID、IPアドレス(グローバル/プライベート)やゲートウェイアドレス、サブネットマスク、DNSアドレス、上り/下りの通信速度、MACアドレスなどを、Wi-Fi/サンダーボルト/PANなど接続先ごとに参照できるなど、多岐にわたる情報を取得できます。また、メインウインドウではPingやWhois、LANスキャナのほか、入力したホスト/IPアドレスのサーバのある場所を地図上で表示することも可能です。