便利技 他人事Tips

効率良くiPhoneのアプリを整理する

文●今淳一

iOS 11では、アプリを整理する際の画面移動が楽になったり、まとめてアプリを移動できるようになりました。覚えておくと便利なその方法を見ていきましょう。

iPhoneアプリの整理といえば、アイコンを長押ししたうえで任意の場所にドラッグする、という方法が昔から一般的です。しかし、このやり方では別画面に移動させたいときに画面端までドラッグしなければいけなかったりと、あまり使い勝手が良いとは言えませんでした。大規模なアプリ整理をしたいなら、iPhoneではなくiTunesで操作したほうが楽だと言える状態が長く続いていたように思います。しかし、iOS 11では、このあたりの機能が大きく改善されました。



その改善点とは、アプリをドラッグしている状態で、別の指で画面スワイプができるようになったことです。アプリをロングタップしている状態ではなく、移動しようとドラッグしている状態でスワイプすることがコツです。細かいワザですが、いくつもの画面を移動したいときにはこれがものすごく便利です。
また、同様にアプリをドラッグした状態でフォルダをタップすると、そのフォルダを開くことができます。この方法を使えば、アプリをフォルダに入れようとするときによく起きてしまう「アプリが逃げる」現象を防ぐことができます。



そしてなにより便利になったのが、ドラッグした状態で別のアイコンをタップして、アプリをまとめて移動できるようになったことです。このテクニックを使えば、アプリをいったんフォルダにまとめてから移動させるというような面倒なことをしなくて済むのです。とても使えるテクニックなので、ぜひ覚えておきましょう。



おすすめの記事一覧