便利技 他人事Tips

Macでファイルを手早く削除する

文●今淳一

Macでファイルを削除する/ゴミ箱を空にするというのはごく基本的な操作ですが、手早く行うテクニックを覚えるともっと便利になります。その方法を紹介します。

Macでファイルを削除したいとき、どうしていますか? あまりにも一般的なことなので馬鹿にするなと言われるかもしれませんが、ファイルを削除するだけでも「ゴミ箱にファイルをドラッグ&ドロップする」、「Finderのメニューから操作する」、「コンテキストメニューを開いて操作する」など、複数の手段があるのです。そこで、今回はファイルの削除とゴミ箱関連操作を改めて確認していきましょう。




このとおり、実はファイル削除に関してもショートカットキーが割り当てられています。「ゴミ箱に入れる」は[command]+[delete]キー、「ゴミ箱を空にする」は[command]+[shift]+[delete]キーです。いずれもファイルを削除(delete)するわけですから、比較的覚えやすいショートカットキーと言えるでしょう。このショートカットキーに慣れると、いちいちファイルをドラッグしてゴミ箱に入れたりする動作が馬鹿馬鹿しくなるほど、手早くファイルを削除することができます。



また、Finderの環境設定からゴミ箱を空にするときの警告を非表示にしておくと、確認のダイアログが出なくなり、より作業を高速化できます。日常的に行うからこそ、たいへん便利なこのテクニック。ごく当たり前にこなせるよう身につけておくといいでしょう。
ただ、これが手癖になると反射的にゴミ箱を空にしてしまうことも…。間違って大事なファイルまで削除してしまわないようご注意ください。

 



おすすめの記事一覧