便利技 他人事Tips

iPhoneの空き容量を確保する

文●今淳一

iOS 11ではiPhoneのストレージ管理機能が進化し、より使いやすくなりました。この機能を使って、容量不足を解消しましょう。

iPhoneの空き容量をどのように確保するかというのは、ストレージが大きくなってもついて回る話だと思います。iOS 11ではストレージの管理機能が「iPhoneストレージ」という項目になり、以前に比べてわかりやすく、そして空き容量の確保もしやすくなりました。具体的な使い方を見ていきましょう。



「設定」アプリの[一般]から[iPhoneストレージ]をタップします。iPhoneの状態によっては読み込みに少々時間がかかりますが、最上部にストレージの使用状況がグラフで表示され、その下に空き容量を増やすための提案が出てきます。[使用]をタップすれば、これらの提案を実行できます。具体的にどれだけの容量を減らせるかを明示してくれるのが、この機能のいいところです。



もちろん、画面下部からアプリの使用容量を個別に確認して「取り除く」か「削除」を選ぶこともできます。「取り除く」とは、アプリの書類やデータを保持したまま、アプリ本体だけを削除するという方法。アプリを再インストールすれば、その書類やデータをまた使えるようになります。
アプリを削除してしまうともう元には戻せないので、その点には気をつける必要があるでしょう。



おすすめの記事一覧