便利技 他人事Tips

iPhoneのバッテリの状態を確認する

文●今淳一

iOS 11.3では、iPhoneのバッテリがどれだけ劣化しているのかをパーセンテージで確認できるようになりました。その方法を見ていきましょう。

買ったばかりの頃に比べてiPhoneの電池持ちが悪くなったという感覚は、多くの人にとって身に覚えがあるのではないでしょうか。iPhoneに限った話ではないのですが、バッテリは経年劣化します。初期不良など、不具合が原因のこともありますが、長く使っているとどうしても少しずつ性能が下がっていくのです。
最新のiOS 11.3では、iPhone 6以降を対象にバッテリの状態を表示し、必要であればバッテリ交換を推奨する新機能が追加されました。



バッテリの状態は、「設定」アプリの[バッテリー]にある[バッテリーの状態(ベータ)]から確認できます。[最大容量]では、新品を100%とした場合に、現在のバッテリがどの程度の容量になるのかを示しています。たとえばここで最大容量が80%になっているなら、それは充電が100%になっていても、新品時と比べると80%分しかバッテリが持たない、ということです。

電池の持ちが悪くなってきたなと思ったら、まずはここでバッテリが劣化していないかをチェックしましょう。トラブル時は問題の切り分けがとても重要です。単純にバッテリが劣化しているならしょうがないですが、そうでない場合は「何か無駄に電池を消費するアプリがあるのでは」と原因を探っていくこともできます。
また、iPhoneはバッテリ劣化による突然のシャットダウンを防ぐため、パフォーマンスを制御する機能が付いています。[ピークパフォーマンス性能]では、パフォーマンス制御が適用された際に、そのオン/オフを切り替えることが可能です。日頃は気にしなくてもいいですが、iPhoneが不調な場合はあわせてチェックするといいでしょう。



おすすめの記事一覧