便利技 他人事Tips

3D TouchでiPhoneの文字入力をスムースにする

文●今淳一

iPhone 6s以降に搭載された「3D Touch」は、画面を押し込むことでさまざまな処理が可能になります。この機能を文字入力に活用することで、カーソル移動を楽に行うことができるんです。

iPhoneでの文章入力時にカーソルを移動させたいときは、カーソル付近を長押しして移動させるのが一般的です。しかし、このやり方だと指とカーソルが重なってしまい、視認性が悪いという難点がありました。
こんなときは、画面を押し込んで操作する3D Touchを使って、もっとスマートにカーソルを移動させましょう。



文章入力中に現れるキーボード(日本語、英語などは問いません)を、どこでもいいので強く押し込んでみましょう。するとキーボードの文字が消え、そのまま指を離さずドラッグすることで、トラックパッドの要領でカーソルを移動できます。指とカーソルが重ならないので、わかりやすくカーソル位置を指定できるというわけです。



また、カーソルの移動ができる状態でさらに深く押し込むと、文字選択ができます。指の力を弱めてドラッグすることで、選択範囲の変更も可能です。
使いこなすには少しコツがいります。最初はつい力を入れた状態でドラッグしてしまうかもしれませんが、一度トラックパッド状態に切り替われば、指を離さない限りそのまま機能します。慣れさえすれば段違いに便利になるので、ぜひお試しください。

 



おすすめの記事一覧