便利技 他人事Tips

Live PhotosをiCloudフォトライブラリで便利に使う

文●今淳一

iPhoneで写真を撮る際、Live Photosを主に利用するなら、iCloudフォトライブラリを使うのが便利です。

写真をiCloudで活用するには「iCloudフォトライブラリ」と「マイフォトストリーム」の二種類の方法があります。二者択一でどちらか片方しか利用できません。
「iCloudフォトライブラリ」は、写真、Live Photos、ビデオの区別なく、iOSデバイスで撮影されたもの、Macの「写真」ソフトにあるものすべてをiCloudで保存し、各デバイスで共有します。「iCloud フォトライブラリ」に保存した写真とビデオは、iCloudのストレージを消費します。
一方「マイフォトストリーム」は、過去30日分1000枚までの写真を共有する仕組みです。こちらはiCloudのストレージを消費しないので、最近撮ったものを手軽に共有するのに向いています。しかし、Live Photosには対応していないため、デバイス側で「Live Photosとしての写真」と「マイフォトストリームからきたJPEGの写真」が多重化してしまう場合があります。
こうなると非常に面倒なことになるので、Live Photos主体に撮っていくという場合は、iCloudフォトライブラリの使用をおすすめします。




iCloudフォトライブラリの設定は、それぞれiOSなら「設定」の[写真]から、Macなら「写真」ソフトの環境設定にある[iCloud]タブから行えます。



また、iCloudの初期容量である5GBでは限界がある場合は、有料プランへの切り替えも検討しましょう。iOSの「設定」にあるApple IDの管理画面から、[iCloud]→[ストレージを管理]→[ストレージプランを変更]と辿ると、プランの変更が可能です。
Live Photosを使わずマイフォトストリームを運用し、なるべくストレージに負担をかけないという選択肢もあるので、このあたりは利用スタイルに合わせると良いでしょう。大容量プランにすれば家族と共有できるので、そちらを選択するのも手段のひとつだと思います。この機会に見直してみてはいかがでしょうか。



おすすめの記事一覧